加太 こうじ

ゲゲゲの家計簿(漫画)の登場人物。読みは「かた こうじ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ゲゲゲの家計簿(漫画)
正式名称
加太 こうじ
ふりがな
かた こうじ

総合スレッド

加太 こうじ(ゲゲゲの家計簿)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

東京在住の紙芝居作家の大家。阪神画劇社の景気が悪いため、水木しげると協議する。戦前に東京で伊藤正美という人が『墓場奇太郎』という作品で人気を博したので、水木しげるに怪奇ものを描くように勧める。まったく別元として練り直したのが墓場鬼太郎となった。実在の人物、加太こうじがモデル。

登場作品

売れっ子マンガ家になる前の水木しげるが昭和26年から昭和41年にかけてつけていた家計簿を基に、紙芝居の画稿描きから、貸本マンガ、そしてマンガ月刊誌でデビューするまでの生活情景が描かれている。