勝手なやつら

勝手なやつら

地球侵略をかけた争いに巻き込まれた新聞配達の青年を巡るドタバタを描くSFギャグ短編。

概要

1978年、第2回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞した高橋留美子のデビュー作。地球支配を目論むインベーダー半魚人と、彼らを殲滅せんとする防衛庁長官の三つ巴の争いに巻き込まれるも、まるで意に介さず新聞配達のことばかりを気にかける青年・ケイを巡るドタバタを描いたSFギャグ短編。

登場人物・キャラクター

ケイ

地球人の少年。新聞配達を生きがいとし、宇宙人に拉致されるなどのとんでもないことが自分に起きてもまるで意に介さず、新聞配達のことばかりを気にかけている。

地球人の少女。1年前、半魚人によって、海底都市に拉致された。半魚人から自分の身を守ろうとしてくれたケイに好意を抱く。

インベーダー

アダムスキー型の円盤に乗って、地球侵略にやってきた人間型宇宙人。1号と2号のふたりがいる。首から下はステテコに腹巻き姿。新聞の読者欄に人類への警告文を投稿するなど、地球の文化には疎い。地球人が降伏を拒否した際の切り札として、地球を消滅させる威力のある超小型反陽子爆弾をケイに埋め込む。

半魚人

陸上開発部隊房総沖支部所属の半魚人。語尾に「ぴゃ」とつけて話す。海底都市を建造し、地上を支配する機会を狙っている。1年前に茜を捕獲し、ペットとして扱っている。人間に対する脅しのため、地上の空気を消滅させる超小型空気爆弾をケイに埋め込む。

松戸先生

科学技術庁番外研究所に所属する超小型核爆弾の権威。ナイフとフォークで手術をするマッド・サイエンティスト。ケイを宇宙人と勘違いした防衛庁長官の要請により、超小型核爆弾をケイに埋め込む。

防衛庁長官

角刈り頭で、顔面には大きな傷、片目にはアイパッチと、ヤクザめいた風貌をしている。ケイを宇宙人だと勘違いし、ケイが母艦にきた際に爆発させるため、松戸博士に依頼して、超小型核爆弾をケイに埋め込ませる。

SHARE
EC
Amazon
logo