千代子

千代子

パノラマ島綺譚(漫画)の登場人物。読みは「ちよこ」。菰田 源三郎とは親族関係にある。

登場作品
パノラマ島綺譚(漫画)
正式名称
千代子
ふりがな
ちよこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『パノラマ島綺譚』の登場人物で、死んだ菰田源三郎の妻。人見広介の登場に、当初夫が生き返ったと喜ぶが、後に別人だと勘づく。それを不安に思った人見パノラマ島に招待されて絞殺された。その遺体は、人見があらかじめ彼女の墓として用意していた、アルノルト・ベックリンの絵「死の島」を模した一角に埋葬される。

生前に探偵の明智小五郎人見の身元調査を依頼していたことで、人見のなり代わりが露見する。

関連人物・キャラクター

菰田 源三郎

人見広介と双生児と見まがうばかりにそっくりな大学時代の学友。紀州一の富豪の御曹司だったが、喘息の発作で38歳で急逝する。菰田家はレンガの大量生産で富を築き、また広大な森林・田畑・漁場や工場・ホテルを所有している。

関連キーワード

パノラマ島

の人見広介が菰田家の全財産を投じて、ひなびた離島に造り出した地上の楽園で、シュールな美の国。水中回廊を備え、随所にアペニンの巨人などのレプリカをはじめとする彫刻を設えている。中には人が彫刻のふりをして... 関連ページ:パノラマ島

登場作品

パノラマ島綺譚

原作は江戸川乱歩の怪奇小説。舞台は昭和初期。大正天皇崩御や芥川龍之介の自殺、ニジンスキーの発狂も作中に織り込まれている。耽美主義的でエロティックな世界観を、ガロ系の劇画タッチの絵柄で体現している。 関連ページ:パノラマ島綺譚

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
人見 広介
兎月書房の編集長
場所
パノラマ島
logo