千年万年りんごの子

千年万年りんごの子

雪深いりんごの国へと入り婿した伊岡雪之丞と嫁の朝日が、古くより伝わる祭儀の復活とともに出会いから別れまでを描いたファンタジー作品。

正式名称
千年万年りんごの子
作者
ジャンル
ファンタジー一般
レーベル
KCx(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

高度経済成長の昭和の時代、雪深いりんごの国へと入り婿した伊岡雪之丞。ある日、偶然、見つけたりんごの実を、伏せっていた嫁の朝日に与えてしまった。そのりんごを食べた嫁は、おぼすな様と呼ばれる神様へ嫁入りするという。彼は60年前に途絶えたと言われる祭儀を復活させてしまったのだった。愛する妻を救うために伊岡雪之丞は、神と戦う決意をする。

登場人物・キャラクター

主人公

赤ん坊のころ、雪の日に捨てられていたところを、伊岡家に拾われ育てられる。育ての父親は寺の住職。長内朝日と見合後、入り婿し、青森へ渡る。黒森と呼ばれる地域でりんごの木を見つけ、それを妻の朝日に食べさせた... 関連ページ:伊岡 雪之丞

青森のりんご農園で生まれ育つ。人手の足りない実家のためもあって見合いをし、伊岡雪之丞と結婚。入り婿として迎える。伊岡雪之丞が持ってきたりんごを食べてしまい、以後、髪の毛や爪が長く長く伸び始め、体は小さ... 関連ページ:長内 朝日

朝日の実の父で、代々続くりんご農家で生計を立てている。りんごの木に学校をだしてもらったとよく言う。 関連ページ:長内 実

朝日の兄。長内家の長男だが、りんご農家では働かず、役所に勤めている。 関連ページ:長内 邦光

朝日の義理の姉で、長内邦光の妻。二人の子ども鉄と花がいる。 関連ページ:長内 八千代

朝日の幼馴染。口は悪いが優しい。太郎という子供がいる。長内家から追い出されそうになった伊岡雪之丞を家に住ませる。古くからの因習の謎を解こうとする伊岡雪之丞の手伝いをする。 関連ページ:乃木 陸郎

本家と分家のうち、本家をまとめる総代。村にふたりいて、それぞれが蔵の鍵と帳箱の鍵を持っている。 関連ページ:本家総代

伊岡雪之丞の育ての父親。お寺の住職。 関連ページ:雪之丞の義父

伊岡雪之丞の育ての母親。 関連ページ:雪之丞の義母

伊岡雪之丞の義理の兄。寺に捨てられていた赤ん坊の雪之丞を見つけた。 関連ページ:伊岡 夏行

場所

長内家のある村

青森県津軽をモデルとしている。時代背景は昭和40年代。国光と呼ばれるりんご種が大暴落を起し、品種を変える一挙更新を行っていた。 関連ページ:長内家のある村

その他キーワード

メタテ祭

『千年万年りんごの子』の風習。かつて長内家のある地域で12年に1度執り行われた祭儀。各家ごとに1人ずつ既婚の女性を集め、その女性たちにりんごを食べさせ、1つだけ混じっているおぼすな様のりんごを食べた女... 関連ページ:メタテ祭

SHARE
EC
Amazon
logo