卓球戦隊ぴんぽん5

高校の卓球同好会が生徒会に認められ、卓球部に昇格するまでを描いたスポーツコメディ作品。卓球が話の中心ではあるが、その描写はコメディ寄りであり、また少女漫画らしく恋愛にも重きが置かれている。

正式名称
卓球戦隊ぴんぽん5
作者
ジャンル
卓球
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社) / 白泉社文庫(白泉社)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

紅裕次郎は、卓球が大好きながらプレイヤーとしてはとにかく下手だった。しかし彼が入学した高校には卓球部がなかっため、中学の県大会で優勝した石黒諒平をはじめとするメンバーを集め、卓球同好会を結成する。ところが、卓球が嫌いだと公言する生徒会書記の白井麻妃子に、部への昇格を妨害されてしまう。麻妃子が部への昇格を認めるために突きつけた条件は、裕次郎が同好会のメンバーから1ゲームでも取るという実現困難なものだった。

登場人物・キャラクター

紅 裕次郎

県立櫻ヶ丘高校1年1組の男子で、卓球同好会の創設者。中学生活の終わり頃に卓球の面白さに目覚めて以来、卓球をこよなく愛するようになった。しかしサーブすらほとんど入れることができないほど卓球の才能がまったくない。ただしそれは、色々と意識しすぎることが原因で、もともと運動神経がいいうえに卓球の素質にも恵まれており、卓球以外のことが頭の中を占めている時だけは、天才的な卓球プレイヤーに変貌する。 卓球戦隊ぴんぽん5においては「ハッタリレッド」を担当する。

石黒 諒平

県立櫻ヶ丘高校1年6組の男子で、紅裕次郎と同じ卓球同好会所属。中学時代には県大会で優勝した実績を持つが、高校では卓球を続ける気持ちがなかったため卓球部のない櫻ヶ丘高校に入学した。裕次郎に誘われてともに卓球同好会を結成してからは考えを改め、個人戦で全国大会2位という成績を収めるまでになる。のちにマネージャーの鹿内桃子に告白し、カップルとなる。 卓球戦隊ぴんぽん5においては「世話やきブラック」を担当する。

山吹 真理

県立櫻ヶ丘高校1年の男子で、紅裕次郎と同じ卓球同好会所属。卓球の試合で卑怯な手を使うことで有名で、中学の時にはそのプレイスタイルゆえに「ヒレツ大王」の異名をとっていた。実は真面目に卓球をやれば個人戦全国大会2位の石黒諒平と互角に打ち合えるだけの力量を持っているが、山吹真理本人は普通に卓球をすることには興味がない。 卓球戦隊ぴんぽん5においては「ヒレツイエロー」を担当する。

水野 蒼一

県立櫻ヶ丘高校1年8組の男子で、紅裕次郎と同じ卓球同好会所属。卓球の経験は浅いがパワーがあってセンスも良く、めきめきと上達した。寡黙であまり目立つこともないが、心優しい性格。プレースタイルはそのパワーを存分に活かしたもので、ボールを破裂させるほどの強力なスマッシュを得意としている。卓球戦隊ぴんぽん5においては「クラッシュブルー」を担当する。

アンソニー=エヴァグリーン

向ヶ丘高校卓球部に所属する1年の男子。卓球は非常に下手だが、下手の横好きで熱意だけはあり、紅裕次郎とは互いにライバル関係と認め合っている。アメリカ人の両親を持ち、国籍もアメリカで金髪にエメラルドグリーンの瞳であるが、日本育ちなので英語は赤点。のちに県立櫻ヶ丘高校に転入して来て、卓球同好会に加入する。卓球戦隊ぴんぽん5においては「ヤンキーグリーン」を担当する。

白井 麻妃子

県立櫻ヶ丘高校2年1組の女子で、生徒会書記。書記で2年生にも関わらず、生徒会長の存在を無視して勝手に生徒会を仕切る実力者で、紅裕次郎の悲願である卓球同好会の部への昇格を妨害している。実は幼なじみであるアンソニー=エヴァグリーンに想いを寄せているが、アンソニーが卓球部のある向ヶ丘高校に入学してしまったため、卓球を逆恨みしている。

鹿内 桃子

県立櫻ヶ丘高校1年3組の女子で、紅裕次郎に誘われて卓球同好会マネージャーとなる。もともと石黒諒平と同じ中学校の出身で、中学時代には卓球の経験もあるが、想いを寄せていた諒平を追い、卓球部がないことを知りながら県立櫻ヶ丘高校に入学した。諒平の良き理解者であり、のちにカップルとなる。

本部

県立櫻ヶ丘高校の若い男性教師で、担当は漢文。顧問と監督がいなくて困っていた紅裕次郎たち卓球同好会の前に現れて、自分が顧問を、そして音楽の基先生が監督を引き受けるという好条件を提示し、2人でその座に収まる。実は本部と基は交際しており、卓球同好会に近づいたのは、公然と一緒に行動する口実を求めてのことであった。

県立櫻ヶ丘高校の若い女性教師で、担当は音楽。本部の紹介で紅裕次郎の前に現れ、卓球同好会の監督の座に収まったが、別に卓球の知識や経験があるわけではなく、名前を貸しているだけの存在。実は本部と基は交際しており、卓球同好会に近づいたのは、公然と一緒に行動する口実を求めてのことであった。

集団・組織

卓球戦隊ぴんぽん5

県立櫻ヶ丘高校卓球同好会の別名。もともとは「ぴんぽん5」と言いながら4人しかいなかったが、のちに県立櫻ヶ丘高校に転入したアンソニー=エヴァグリーンが加入し、名実ともに「ぴんぽん5」となる。「ハッタリレッド」の紅裕次郎、「世話やきブラック」の石黒諒平、「ヒレツイエロー」の山吹真理、「クラッシュブルー」の水野蒼一、「ヤンキーグリーン」のアンソニー=エヴァグリーンの5人からなる。 ちなみに、5人の異名は地の文で書かれており、本人たちが自ら名乗る場面はない。

向ヶ丘高校卓球部

アンソニー=エヴァグリーンが所属している、向ヶ丘高校の卓球部。万年緒戦敗退の弱小校であるが、アンソニーはその中でも補欠で、他の部員からはサーブの練習台程度の扱いを受けている。卓球戦隊ぴんぽん5の初練習試合の相手でもあり、その後もたびたび対戦相手として登場する。

その他キーワード

山吹メモ

「ヒレツ大王」こと山吹真理が持ち歩いている手帳。対戦相手の弱点、苦手なもの、嫌いなもの、好きな相手などなど、各種情報が網羅されているファイル。ただし、石黒諒平と鹿内桃子の恋愛の進展状況をはじめ、基本的に卓球と関係のないことばかりが書いてある。

必殺紅スペシャルギャラクティカバーニング流星スマッシュ

紅裕次郎の卓球における必殺技。まだ未完成ながら、裕次郎自身は明確なビジョンを持ち、いずれこの技を完成させると口にしている。実際には手からすっぽ抜けたラケットを相手の顔面めがけて飛ばすという、卓球の技として成立していない技である。

白井さん大好きうっとり熱愛大作戦

紅裕次郎が、ライバルであるアンソニー=エヴァグリーンとの対決のために編み出した秘策。裕次郎は卓球以外のことを考えてさえいれば上手に卓球をプレイすることができるが、頭の中だけで考え事をしていても完全に卓球を意識の外に追いやることができない。しかし強く心に意識していることをあえて口に出すことで、完全に卓球以外のことに集中できる。 そこで、裕次郎がほのかな恋心を抱き始めていた白井麻妃子に対する感情を、「白井さん大好きっ!」「白井さん愛してるっ!」などと口に出して言うことで、この作戦は完成した。なお、練習のために校内でこれを叫びまくっていたので周囲には事態が知れ渡ることになり、麻妃子本人からは極めて迷惑に思われていた。

エクスチェンジボール1号

「ヒレツ大王」こと山吹真理の必殺技。まず、相手の顔面めがけて故意にボールをぶつける。この時点でファウルなのだが、さらにボールを炸裂させて粉末睡眠薬を相手にかけ、プレイ続行不可能にするという無茶苦茶な反則技。ちなみに粉末睡眠薬の代わりにトウガラシを入れたエクスチェンジボール2号、ラー油を入れたエクスチェンジボール3号もある。

書誌情報

卓球戦隊ぴんぽん5 全2巻 〈花とゆめCOMICS〉 完結

第1巻

(1992年12月1日発行、 978-4592123712)

第2巻

(1993年3月発行、 978-4592123729)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo