厨子王丸

厨子王丸

安寿と厨子王丸(アニメ映画)の主人公。読みは「ずしおうまる」。岩木判官正氏、安寿とは親族関係にある。

登場作品
安寿と厨子王丸(アニメ映画)
正式名称
厨子王丸
ふりがな
ずしおうまる
関連商品
Amazon 楽天

概要

陸奥国の役人岩木判官正氏の息子。父である岩木判官正氏の失脚により、家族共々流浪の身となった。山椒大夫に奴隷として買われるが、姉安寿の助けで平安京に逃げ延びる。関白・藤原師実の娘あや姫を暴漢から助けたことで、その比護を受ける。

成長し、平安京を襲ってきた妖怪を退治した功績で陸奥守に任じられ、帝から{平正道}の名を賜った。

関連人物・キャラクター

妖怪

平安京に出現した巨大なクロクモ。口から糸を吐き、都の民を恐怖させるが、時の帝の命を受けた厨子王丸によって、退治される。

岩木判官正氏

安寿と厨子王丸の父である陸奥国の役人。娘の安寿への縁談を断られた鬼倉陸奥守に冤罪を着せられ、流刑になる。

あや姫

平安京の朝廷の実力者、関白・藤原師実の娘。暴漢に襲われていたところを厨子王丸に助けられ、父である関白と厨子王丸との縁を取り持つ。

山椒大夫

安寿と厨子王丸を奴隷として買い取った、陸奥国の長者。安寿と厨子王丸に過酷な労働を課す。成長し、国守として戻ってきた厨子王丸を手勢に襲撃させるが失敗。しかし、その罪を許され、平伏する。

安寿

陸奥国の役人岩木判官正氏の娘。父の上司である鬼倉陸奥守からの縁談を断ったことから、家族共々不幸な境遇に落ちる。奴隷として山椒大夫に囚われたが、弟の厨子王丸を逃がし、湖に入水する。 その魂は白鳥となって、その後も厨子王丸を見守り続けた。

関連キーワード

陸奥国

『安寿と厨子王丸』に登場する、古代の東北地方。安寿と厨子王丸の一家が暮らしていたが、鬼倉陸奥守の陰謀で追われる。成長した厨子王丸が国守として赴任した。

平安京

純が暮らしていた現代からみて約1200年前の京都。鬼たちのせいで人々の暮らしが不安と苦しみに見舞われている、と考えられている。

登場作品

安寿と厨子王丸

森鴎外の小説「山椒大夫」を原作に、創立十周年を記念した東映が、綿密なロケハンや作画参考用のライブフィルムの撮影など、製作期間二年を費やして長編アニメ化した作品。 関連ページ:安寿と厨子王丸

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
場所
logo