名探偵夢水清志郎事件ノート

名探偵夢水清志郎事件ノート

はやみねかおる原作の推理小説『名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ』をえぬえけいが漫画化した作品。名探偵を自称する夢水清志郎が、隣人である岩崎亜衣たち三つ子と共に虹北学園や旅先でおこる事件を「みんなが幸せになるように」解決していく姿を描く。第33回講談社漫画賞受賞(2009年) 。

正式名称
名探偵夢水清志郎事件ノート
作者
ジャンル
ミステリー、推理一般
レーベル
講談社コミックスDX(講談社)
巻数
全11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

中学校入学を控えた年のエイプリルフールのこと。岩崎亜衣は家の隣に建つ古びた洋館に、黒い背広を着た謎の男夢水清志郎が引っ越してきたことを知る。表札に名探偵と書く夢水に興味がわいた亜衣は、その正体を暴くべく行動を開始した。

登場人物・キャラクター

夢水 清志郎

大学で論理学の教授を務めていた経験を持つ自称名探偵。探偵としては一流だが、自分の生年月日を忘れてしまうなど記憶力が悪く、一般常識が欠如している。大学教授をしていた過去があるが年齢は不明。常に黒い背広と黒いサングラスを着用している。

岩崎 亜衣

三つ子の岩崎三姉妹の長女で夢水の飼育係。大の読書家であり特に推理小説が好き。虹北学園では文芸部に所属して、自分でも小説を書いたりしている。真面目でしっかりりものの長女だが、恋愛に対してはかなりの鈍感。茶髪のショートカットでまとめている。

岩崎 真衣

三つ子の岩崎三姉妹の次女で夢水の保護者。体を動かすのが好きで部屋にはトレーニング器具が散乱している。行動派で考えるより先に体が動いてしまう。虹北学園では陸上部に所属して体を動かす毎日を送っている。髪型は茶髪のサイドポニー。

岩崎 美衣

三つ子の岩崎三姉妹の末っ子で夢水のしつけ係。周りの影響を受けやすい天然ボケな性格。勉強は苦手だが趣味で英語とフランス語のファッション誌を収集しているため、同時通訳が出来るほど語学力は高い。茶髪に軽いパーマをかけている。

岩崎 羽衣

岩崎三姉妹の母。常に忙しく働く一太郎に代わり岩崎三姉妹を育て上げた日本を代表する肝っ玉母さん。隣人の夢水にも無償で救いの手を差し伸べる聖女のような懐の深さを持つ。

伯爵

遊園地にて五人の人間をマジックのように消失させる怪人。銀色の瞳と道化師のような外見が特徴で、その正体は謎に包まれている。

中井 麗一

「亡霊は夜歩く」から登場。虹北学園の生徒で亜衣のクラスメイト。授業中の不真面目な態度と髪を金髪に染めるなどの校則違反が目立つ問題児だが、女子生徒からは人気がある。亜衣に好意を寄せておりアプローチをしているが、毎回空回りして上手くいかない。

伊藤 真理

雑誌セ・シーマの編集者。関西弁とハイテンションが特徴の女性で、どんな相手にも屈しない不屈の記者魂を持つ。「名探偵 夢水清志郎の謎解き紀行」という企画を進めるため、様々な土地に纏わる謎を持ってきてくれる情報源。

上越警部

敏腕刑事で、夢水や岩崎三姉妹が絡む事件でお世話になることが多い。目つきは悪いが根はやさしい性格。妻子持ちで、家族サービスが休日の楽しみ。ウィンクが下手。

岩崎三姉妹

『名探偵夢水清志郎事件ノート』にて亜衣たち三つ子を現す総称。虹北学園では有名な美人三姉妹として通っている。顔もプロポーションも一緒なので、同じ格好をしている場合には、見極めるのは至難の業である。

集団・組織

虹北学園

『名探偵夢水清志郎事件ノート』に登場する岩崎三姉妹の通う中学校。生徒の自由を尊重する校風で、個性的な部活や同好会が数多く存在している。

場所

洋館

『名探偵夢水清志郎事件ノート』に登場する夢水の住居。夢水が引っ越してくる以前は長年だれも住んでおらず、一切手入れされていなかったので、幽霊屋敷と呼ばれていた。岩崎三姉妹や伊藤さんが頻繁に訪れるため、現在はたまり場と化している。

虹北商店街

夢水の住む洋館の近所にある商店街。虹北学園の生徒は中学生でありながら、虹北商店街であれば奉仕活動の一環としてアルバイトが許可されている。

その他キーワード

セ・シーマ

『名探偵夢水清志郎事件ノート』に登場する女性誌の名前。伊藤さんが担当している「名探偵 夢水清志郎の謎解き紀行」は多くの読者から支持され、人気企画となっている。

書誌情報

名探偵夢水清志郎事件ノート 全11巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2004年12月発行、 978-4063349535)

第2巻

(2005年4月発行、 978-4063720068)

第3巻

(2005年11月発行、 978-4063720938)

第4巻

(2006年4月発行、 978-4063721485)

第5巻

(2006年10月発行、 978-4063722086)

第6巻

(2007年9月発行、 978-4063723427)

第7巻

(2007年12月発行、 978-4063754216)

第8巻

(2008年10月発行、 978-4063755718)

第9巻 ハワイ幽霊城の謎 前編

(2009年11月発行、 978-4063758306)

第10巻

(2010年9月6日発行、 978-4063759709)

第11巻 人形は笑わない

(2011年11月発行、 978-4063761665)

SHARE
EC
Amazon
logo