君は青空の下にいる

君は青空の下にいる

女の子の公式参加が認められるようになった高校野球において、野球部で奮闘するピッチャーの女の子を描く物語。平成6年「りぼん秋のびっくり大増刊号」に掲載された作品。

正式名称
君は青空の下にいる
作者
ジャンル
青春
レーベル
りぼんマスコットコミックス(集英社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

一ノ瀬渚は野球を愛する普通の女子中学生だった。小学生の頃はリトルリーグに所属していたが、女の子だというだけでレギュラーから外されたことから、もう野球をあきらめようと考えていた。だがある日、高校野球の規定が変わり、女子でも公式戦に参加できるようになったことを知る。美浜高校に入学後、渚は早速ピッチャーとして野球部に入部するが、野球部のメンバーは当初、女子である渚が野球をやることを快く思っていなかった。

渚はそれを知りつつもめげずに頑張り、次第に野球部の仲間に認められていく。

登場人物・キャラクター

主人公

野球が好きなロングヘアの少女で、美浜高校野球部のピッチャー。背番号は10番。年齢は15歳。140キロのストレートを投げるが、スタミナがなく3イニングしか投げることができない。5歳の時、父親から誕生日プ... 関連ページ:一ノ瀬 渚

美浜高校野球部の3年生。主将でポジションはサード。前年度は準々決勝前で敗退してしまい、今年こそはと闘志を燃やしている。一ノ瀬渚に対しては他の部員ほど悪い印象は持っておらず、女の子が野球をやってもかまわ... 関連ページ:里村 仁

美浜高校野球部の3年生でポジションはピッチャー。あまりにもきつい練習に一ノ瀬渚の体力が限界に達していた時、渚を気遣って声をかけた。1年生の頃は福原修一も渚と同じく体力がなく、練習メニューを全然こなせな... 関連ページ:福原 修一

岡崎 恵

美浜高校野球部の2年生でポジションはキャッチャー。一ノ瀬渚が入部を希望した時は、ミーハー気分だと思い込み、足手まといになるだけだと渚の入部に反対した。どうせ1週間ももたずにやめていくだろうと思っていたが、入部テストで渚が投げた球を受け、その威力に驚く。

津坂 北斗

美浜高校野球部の2年生でポジションはショート。野球部の部員だが、長い黒髪を後ろで束ねている。一ノ瀬渚が入部テストで投げることになった際、渚にグローブとボールを渡した。その時、渚が投げた球の速さに驚く。

長嶺 竜太

美浜高校野球部の3年生でポジションはファースト。入部テストで一ノ瀬渚が投げた球の威力は認めたものの渚の入部には反対で、入部しても野球部から叩き出してやると息巻いていた。主将である里村仁が渚の実力を認め、渚にピッチング練習を始めてもらうと言った時も憤り、里村に殴りかかった。

前田 紫

美浜高校野球部の2年生でマネージャーを務める女性。長嶺竜太が里村仁に殴りかかった時、里村を庇って殴られ、その時に腹痛を起こした一ノ瀬渚を看病した。こんな時に生理痛になるなんてと落ち込む渚を優しく気遣い、同じ野球好きな女子として渚に夢を託し、応援する。

書誌情報

君は青空の下にいる 全4巻 集英社〈りぼんマスコットコミックス〉 完結

第1巻

(1995年3月発行、 978-4088537887)

第2巻

(1996年11月発行、 978-4088538891)

第3巻

(1998年6月発行、 978-4088560861)

第4巻

(1999年6月発行、 978-4088561493)

SHARE
EC
Amazon
logo