善波 七五十

善波 七五十

荒くれKNIGHT(漫画)の主人公。読みは「ぜんば ないと」。善波雛子とは親族関係にある。

登場作品
荒くれKNIGHT(漫画)
正式名称
善波 七五十
ふりがな
ぜんば ないと
関連商品
Amazon 楽天

概要

『荒くれKNIGHT』の主人公の1人。染めた髪をリーゼントにして、後ろ髪を伸ばした男子。初登場時は18歳。暴走族・輪蛇の3代目リーダー。愛車はKAWASAKI 750R Z2。圧倒的なケンカの強さとバイクテクニックを持ち、カリスマ性で輪蛇を統率する。傍若無人だが仲間を大切にし、「真夜中の太陽」と呼ばれている。

2代目リーダー・木原篤にケンカを仕掛けたことをきっかけに輪蛇に加わった。神奈川県の光洋高校を休学して妻の善波雛子、息子のハジメ(善波一)とアパートで暮らし、部屋はノロ(野呂定治)、マキ(牧紅音)達メンバーの溜り場になっている。晴山造園で働いていたが後に復学し、実家に移り住む。

関連人物・キャラクター

善波雛子

眼鏡をかけたセミロングの女子。善波七五十の妻。旧姓は三井で父は会社の重役であり、深窓の令嬢だった。善波七五十より2歳年上。善波七五十を叱れる数少ない人物。明るくやや天然気味の性格。一時は息子のハジメ(... 関連ページ:善波雛子

登場作品

荒くれKNIGHT

春間勇樹は、憧れの善波七五十がリーダーをつとめる伝説の暴走族・輪蛇に加入した。そのメンバーはノロ(野呂定治)やマキ(牧紅音)は一筋縄ではいかない猛者ばかり。ライバル・虎武羅との競り合いや夜行蟲との抗争... 関連ページ:荒くれKNIGHT

SHARE
EC
Amazon
logo