声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている

矢村いちの代表作。現代日本のとある高校を舞台に、失声症の女子高校生、真白音と、人の心の声が聞こえる不愛想な女子高校生の心崎菊乃が織り成す、以心伝心ハートフルコメディ。まっすぐで噓偽りのない真白の心の声を聞いた心崎が、不器用な優しさで彼女をサポートする。そんな二人の魅力的な掛け合いが、やがて周囲の関係性も変えていく様が優しくコミカルに描かれている。秋田書店「週刊少年チャンピオン」2020年11号から2024年6号まで連載の作品。コミックスには本編以外に、Twitter掲載分に加筆したエピソードや、描き下ろしのエピソードなども収録されている。ニコニコ×ダ・ヴィンチ「次にくるマンガ大賞2020」コミックス部門で第8位を受賞。また同年、pixivコミック「WEBマンガ総選挙」第5位を獲得している。

正式名称
声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている
ふりがな
こえがだせないしょうじょはかのじょがやさしすぎるとおもっている
作者
ジャンル
学園
 
異能力・超能力
レーベル
少年チャンピオン・コミックス(秋田書店)
巻数
全12巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

登場人物・キャラクター

真白 音 (ましろ おと)

心崎菊乃と同じ高校に通う2年生の女子。エメラルド色の髪をロングヘアにしている。身長153センチで、体重43キロと小柄な体型をしている。2月24日生まれで、血液型はAB型。失声症を患っており、声を出して話すことができず、ノートに自分の考えを書いて他人とコミュニケーションを取っている。2週間前に転校してきたばかりで、クラスメイトたちは優しく接してくれていたが、基本的に筆談で応じるしかなく、会話に手間がかかることを気に病んでいる。人付き合いがうまくいかないのは、自分のせいだとネガティブにとらえ、人とかかわることに臆病になっている。だが、転校をきっかけに知り合った心崎菊乃と共に過ごす時間が居心地よく感じるようになり、彼女のぶっきらぼうな優しさに助けられながら、周囲と良好な関係を築いていく。しかし、友達がいない期間が長かったため、何かと挙動不審になり、空回りしがち。また思い込みが激しく、なにごとにも鈍感で、心崎に心の声が聞こえているとは疑ってもいない。勉強は得意ながら、極度の方向音痴。好きな食べ物はカステラで、苦手なものはガム。

心崎 菊乃 (ここさき きくの)

真白音と同じ高校に通う2年生の女子。金髪をツインテールの髪型にしている。身長159センチで、体重48キロ。5月5日生まれで、血液型はA型。人とコミュニケーションを取ることが苦手な失声症の転校生、真白音を放っておけず、声をかけたことで真白と共に過ごす時間が多くなる。いつも険しい表情で人を寄せ付けないところがあり、見た目の怖さから誤解を受けることが多いが、基本的にぶっきらぼうなだけで心優しい性格をしている。真白からは、自分の考えていることを理解してくれる、勘がいい人だと思われているが、実は人の心の声を聞くことができる特殊能力の持ち主。そのため、人が抱く大小さまざまな悪意を耳にするため、いつしかそれが刃物のように自分の心に突き刺さるようになり、必要以上に他人とかかわりを持たないようになった。しかし、真白といっしょに過ごすうちに、まっすぐで実直な彼女の心に癒されていく。ハンバーガーが大好きで、めざしが苦手。学校では遅刻が多く、反省文を書かされることも少なくない。

書誌情報

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている 全12巻 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス〉

第1巻

(2020-07-08発行、 978-4253229517)

第8巻

(2022-07-07発行、 978-4253229586)

第9巻

(2022-11-08発行、 978-4253229593)

第10巻

(2023-04-08発行、 978-4253229609)

第11巻

(2023-07-06発行、 978-4253294614)

第12巻

(2023-11-08発行、 978-4253294621)

SHARE
EC
Amazon
logo