壱岐 雄介

壱岐 雄介

奈緒子(漫画)の主人公。読みは「いき ゆうすけ」。

登場作品
奈緒子(漫画)
正式名称
壱岐 雄介
ふりがな
いき ゆうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

波切島小学校 、波切北中学、波切島高校陸上部に所属していた。陸上選手として並はずれた才能を持つ、「日本海の疾風(かぜ)」と呼ばれる少年。空も海も青く澄み、穏やかな風情の漁業の島・長崎の波切島に住む。かつて同じく「日本海の疾風」と呼ばれていた天才ランナーの父・壱岐健介の血を受け継ぐ。

幼少の頃から陸上の才能は常識を遥かに超えるものであった。小学4年の時に参加した長崎県学童陸上競技大会の100m走で日本学童新記録を更新、更に非公式ながら走り幅跳びでも日本学童新記録を更新する。その後、中学、高校で主に駅伝・長距離において驚異的な速さを記録し、仲間達と共に日本のトップクラス、そして世界のトップクラスのライバル達と壮絶な闘いを繰り広げる。

父・健介を小学1年の時に不慮の事故で亡くすが、その原因が奈緒子にあることを知っており、奈緒子に敵意を抱いていた。

登場作品

奈緒子

日本海に浮かぶ漁業の島、 波切島。その島に陸上選手として並はずれた才能を持つ、「日本海の疾風(かぜ)」と呼ばれる少年・壱岐雄介が住んでいた。幼き日に父・健介を失った彼は父の血を受け継ぎ、天才ランナーと... 関連ページ:奈緒子

SHARE
EC
Amazon
logo