大山 倍達

男の星座(漫画)の登場人物。読みは「おおやま ますたつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
男の星座(漫画)
正式名称
大山 倍達
ふりがな
おおやま ますたつ

総合スレッド

大山 倍達(男の星座)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

実在した空手家。「ウシ殺し」の異名を持ち、世界中の様々な異種格闘技戦を勝ち抜いた伝説の男。世間的には無名だったが自らの空手理論をまとめた著作が国際的ベストセラーとなり、一躍有名になる。世界中から集ってきた弟子を抱え、道場を開いた。梶一太は文筆家として駆け出しのころから大山と交流し、その温厚な人柄とカリスマ性に心酔する。

登場人物・キャラクター

格闘技好きの柔道少年。実直で正義漢だがその反面短気で、後先考えずに手を出してしまうこともしばしば。酒と女に弱い。暴力事件を起こし高校を中退するが、文筆業をめざす過程で力道山や大山倍達など大物格闘家と交...

関連キーワード

大山倍達の提唱した空手の流派。『男の星座』では、「ひとたび道着をまとい相対したなら親でも倒せ!!」の精神を旨として、他の流派では反則とされる顔面攻撃や金的蹴りも厭わない、実践的で過激な「ケンカ空手」と...

登場作品

柔道少年梶一太は尊敬する柔道家木村政彦がプロレスラー力道山に敗北したことで自暴自棄になり、高校を中退してしまうが、漫画原作者への道を歩む。原稿が売れていく中でストリッパーの八神カオルと恋に落ちるも破局...