大魔王ケストラー

ハーメルンのバイオリン弾き(漫画)の登場人物。読みは「だいまおうけすとらー」。ハーメルとは親族関係にある。

  • 大魔王ケストラー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハーメルンのバイオリン弾き(漫画)
正式名称
大魔王ケストラー
ふりがな
だいまおうけすとらー

総合スレッド

大魔王ケストラー(ハーメルンのバイオリン弾き)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

大昔にパンドラの箱に封印された魔族の王。箱の綻びから自身の肉体の一部を抜け出させ、天使と人間のハーフである聖女パンドラと接触し、主人公ハーメルを作る。その後、パンドラを騙し、自身が封印されている箱を開けさせ完全復活を果たすが、直後に再び封印された。

性格は冷酷無比で、自分以外の生物、我が子やパンドラすらも餌か玩具としかみていない。子供を作ったのも、その血を飲み自身の力を高めるためである。魔界軍王や魔族からもを恐れられているが、魔族はみなケストラーに力を与えられて生きているので、逆らうことができない。名前の由来はオーケストラ(王+ケストラー)のもじり。

登場人物・キャラクター

大魔王ケストラーと聖女パンドラの間に産まれた、勇者を自称する青年。金に汚く、ヒロインフルートに着ぐるみを着せ路銀を稼いだり、仲間達に肉体、精神を酷使する悪戯を行うなどかなり外道な性格をしているが、根は...

関連キーワード

『ハーメルンのバイオリン弾き』に登場する、大魔王ケストラーが統治している魔族達が住まう都。都の名前は「ハーメルン」。主人公ハーメルとその仲間達が目指す最終目的地であり、ハーメルの母親であるパンドラもこ...

登場作品

その昔、この世の全ての魔族と大魔王ケストラーが封じ込められているパンドラの箱があった。その箱をパンドラという女性が開けてしまい、平和だった世界は暗黒の闇に閉ざされる。そんな世界を旅する、勇者を自称し、...