菩提樹寮のアリア ~金色のコルダシリーズ~

ヴァイオリニストとしての腕を磨くために、星奏学院に転校してきた小日向かなでが、星奏学院オーケストラ部で全国音楽コンクールの優勝を目指す姿を描く、青春ラブ・コメディ。「ララ」2011年11月号から2013年10月号まで掲載された。

正式名称
菩提樹寮のアリア ~金色のコルダシリーズ~
ふりがな
りんでんほーるのありあ きんいろのこるだしりーず
作者
ジャンル
クラシック
レーベル
花とゆめCOMICS 金色のコルダシリーズ(白泉社)
巻数
全4巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

地方から如月律を追いかけて、星奏学院に転校してきた小日向かなで。オーケストラ部に入部した彼女は、幼なじみだった律や、元気いっぱいの榊大地、規則正しい音を奏でる水嶋悠人と出会う。星奏学院オーケストラ部のメンバーは協力し合いながら、全国音楽コンクールの優勝を目指す。

登場人物・キャラクター

小日向 かなで (こひなた かなで)

ヴァイオリンをこよなく愛する、星奏学院2年生の女子生徒。ヴァイオリニストを目指す如月律を追いかけ、自身もヴァイオリンの技術を高めるために星奏学院に転校してきた。どんな相手にも優しく接するため誰からも好かれている。特定の好きな男性はいない。

如月 響也 (きさらぎ きょうや)

如月律の弟。ちょっと荒っぽい性格だが、確かなヴァイオリンの腕を持つ星奏学院2年生の男子生徒。1stヴァイオリンを務めていた律が怪我を悪化させ演奏ができなくなった際に、星奏学院オーケストラ部に入部した。ことあるごとに律と比べられることをコンプレックスに感じている。

如月 律 (きさらぎ りつ)

如月響也の兄。正確無比な技巧曲のヴァイオリンを奏でることを得意とする、星奏学院3年生の男子生徒。星奏学院オーケストラ部では部長を務める。人の想いに少々鈍感なところがあるが、それに関して本人は自覚していない。実は腕を痛めており、全国音楽コンクールの途中で、1stヴァイオリンの座を響也に託して治療に専念することとなる。

榊 大地 (さかき だいち)

星奏学院3年生の男子生徒で、星奏学院オーケストラ部の副部長を務める。華やかな演奏を得意とする、星奏学院オーケストラ部のヴィオラ担当。女の子に優しく、彼に憧れる女子生徒も少なくない。水嶋悠人とは違い、小日向かなでがオーケストラ部に入部することも最初から賛成していた。

水嶋 悠人 (みずしま はると)

星奏学院1年生の男子生徒。星奏学院オーケストラ部ではチェロを担当している。きっちりと譜面通りに演奏することを得意とし、性格も折り目正しい。神社の息子で、家の神社の祭りや行事を手伝うこともある。水嶋新とはいとこ同士。

八木沢 雪広 (やぎさわ ゆきひろ)

至誠館高校3年生。吹奏楽部の部長を務め、担当はトランペット。仲間思いの優しい性格で、性格通り優しい音楽を得意とする。現在の吹奏楽部のメンバーで全国音楽コンクールを制覇したいという気持ちが人一倍強い。

火積 司郎 (ほづみ しろう)

至誠館高校2年生。吹奏楽部ではトランペットを担当する。いかつい見た目と歯に衣着せぬ物言いで周囲を怖がらせることもあるが、根は良い人。吹奏楽部部長の八木沢雪広のことを尊敬しており、彼のことを悪く言われると憤慨する。

水嶋 新 (みずしま あらた)

至誠館高校1年生。吹奏楽部ではトロンボーンを担当する。いつも笑顔を浮かべている、明るい性格の男性。演奏時にもその性格が現れていて、楽しそうにトロンボーンを吹く姿が印象的。八木沢雪広や火積司郎が全国音楽コンクールのために横浜に来る前に、水嶋悠人の家に泊まりに来ていた。悠人とはいとこ同士。

東金 千秋 (とうがね ちあき)

神南高等学校の3年生の男子生徒。管弦楽部では部長を務め、担当はエレキヴァイオリン。相方の土岐蓬生と共に、ライブ感のある華やかな演奏を得意としている。自己プロデュースを徹底しており尊大な態度を崩さず、それに裏打ちされた練習量を誇る。

土岐 蓬生 (とき ほうせい)

神南高等学校の3年生の男子生徒。管弦楽部では副部長を務め、担当はエレキヴァイオリン。相方の東金千秋と共に、ライブ感のある優雅で艶やかな演奏を得意とする。柔和な態度だが実力は折り紙つきで、千秋にも見劣りしないの演奏力を身につけている。

芹沢 睦 (せりざわ むつみ)

神南高等学校の2年生の男子生徒。東金千秋と土岐蓬生の演奏を影から支える、ピアノ担当の管弦楽部部員。もの静かな印象の人物で、管弦楽部内の千秋と蓬生の執事のような役割を担っている。

冥加 玲士 (みょうが れいじ)

天音学園3年生の男子生徒。天音学園の室内楽部部長を務め、担当はヴァイオリン。天音学園の理事でもある。小日向かなではすっかり忘れているが、幼少期にかなでにコンクールで負けたことがあり、それを今でも根に持っている。冷酷無比な性格で、周囲にも自分と同じレベルの音楽を求めている。

天宮 静 (あまみや せい)

雨が降っている中で小日向かなでが出会った美青年。天音学園のピアノ担当の高校3年生。自分の音楽に深みを持たせるため、かなでに対して「君に恋をしてみたい」と言葉巧みに誘惑した。 感情の込められたピアノを弾き、冥加怜士のヴァイオリンを際立たせるのが特徴。

七海 宗介 (ななみ そうすけ)

天音学園3年生のチェロ担当の男子生徒。当初は自分がチェロに向いていないのではないかと、チェロをあきらめようとしていたが、小日向かなでと火積司郎に引き止められる。その後、全国音楽コンクールでは東日本大会からレギュラー入りするも精神的に弱く、重要な局面でもろさを見せる。

アレクセイ・ジューコフ (あれくせいじゅーこふ)

天音学園の理事長を務める男性で、冥加怜士の育ての父親。音楽に秀でた才能を持つ生徒を集めた天音学園も彼にとってはおもちゃのようなもので、全国音楽コンクールにおいては、実力の伴わない生徒は冷酷に切り捨てる場面もある。

集団・組織

星奏学院オーケストラ部 (せいそうがくいんおーけすとらぶ)

小日向かなで、如月響也、如月律、榊大地、水嶋悠人が在籍しているオーケストラ部。所属している生徒は何百名もおり、そのなかから全国音楽コンクールに出場するメンバーを決めている。何人もの有名な音楽家を輩出していることでも有名。

場所

星奏学院 (せいそうがくいん)

数多の音楽家を輩出していることで有名な学園。妖精がいるという伝説があり、見える人には見えるらしい。オーケストラ部は全国でも強豪で、音楽関係者で知らない者はいないほど。

その他キーワード

全国音楽コンクール (ぜんこくおんがくこんくーる)

全国から学生が集まる学生向けの音楽コンクールのこと。東日本大会、西日本大会、中部北陸大会、九州大会、北海道大会があり、その各地方大会で勝ち抜いてきたチームが本選に出場できる。

書誌情報

菩提樹寮(リンデンホール)のアリア ─金色のコルダシリーズ─ 全4巻 〈花とゆめCOMICS 金色のコルダシリーズ〉 完結

第1巻

(2012年6月5日発行、 978-4592193265)

第2巻

(2013年1月4日発行、 978-4592193272)

第3巻

(2013年7月5日発行、 978-4592193289)

第4巻

(2013年12月5日発行、 978-4592193296)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo