天地明察

天地明察

江戸時代、囲碁の名家で知られる安井家に生まれた渋川春海。算術の天才、関孝和との勝負や天体観測での旅路、日本独自の暦作りなど、天文学に関わる渋川春海の生涯を描いた作品。冲方丁原作の時代小説『天地明察』の漫画化作品。

正式名称
天地明察
漫画
原作
ジャンル
歴史もの一般
 
江戸時代
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

囲碁を打つ棋士の家系、安井家の嫡男である渋川春海は、算術における難問の数々を一瞥しただけで解き明かした人物、関孝和の話を聞きつけ、勝負を挑む。しかし、そのために作り出した問題に欠陥があると知り愕然とする。そんな中、天体観測の任を受けた春海は、その旅路で自らの才能を磨き上げ、やがて新たな暦作りという大役に臨むこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公

渋川はプライベートネームで、公の場では本名である二代目安井算哲の名前で呼ばれている。家業で碁打ちをしているが、本人は算術と暦術に興味を抱いていた。後に、当時使われていた宣明暦が誤っており、それに替わる... 関連ページ:渋川 春海

碁の棋士を生業としていた渋川春海の生き方に多大な影響を与えた人物。多くの難問を一瞥しただけで解き明かすことから算術の天才と称され、春海も絵馬を用いた算術対決を仕掛けたことがある。後に三暦勝負に敗れ途方... 関連ページ:関 孝和

荒木家の娘。大の武家嫌いで、算術に詳しい人を好む。とりわけ天才的な知識を誇る関孝和に憧れを抱いていた。算額絵馬が奉納されている寺社の掃除を行っているところで渋川晴海と出会い、互いに関孝和に関して語り合... 関連ページ:えん

会津藩の勘定方。渋川春海のよき理解者で、春海が算術、暦術をたしなんでいることも知っており、関孝和と勝負をしたいと言った時も快く後押しした。後に春海の計らいで関孝和と対面を果たすが、その時は今までにない... 関連ページ:安藤 有益

老中。渋川春海の算術と暦術の才を聞き及んでおり、囲碁よりそちらに興味を抱いていることを知ると、北極出地の調査役に任命する。彼自身は天文学にさほど関心を示してはいないが、それに打ち込む春海の姿勢には非常... 関連ページ:酒井 雅楽頭 忠清

本業は医者だが算術にも通じており、自ら望んで渋川春海の北極出地に同行した。「分野」と呼ばれる唐の占術を、日本全土に当てはめたいという大望を持つ。しかし自分が生きている間にはそれが成立しないだろうことも... 関連ページ:伊藤 重孝

算術と天文学に詳しい書記官で、北極出地の責任者。厳つい外面に似合わず純粋な性格で、計算の一つを間違えると蝋燭を振り回し、暦術の話を振れば少年のように瞳を輝かせる。北極出地に同行した渋川春海に宣明暦が実... 関連ページ:建部 昌明

渋川春海の神道および朱子学の師で、彼を幼名の六蔵と呼ぶ。強面で豪放磊落な性格。酒井からは風雲児と呼ばれている。改暦の儀に臨む春海の相談役として、長く彼を支え続けた。同名の実在人物山崎闇斎がモデル。 関連ページ:山崎 闇斎

家の縁談によって結婚した渋川春海の最初の妻。結婚当初は春海の研究があまりに難解であるため、接し方が分からずに困惑していたが、やがて彼の優しさに触れ、心を開くようになる。無学ながらも、夫のために天文学や... 関連ページ:こと

御三家の一つである水戸徳川藩の藩主。北極出地を計算によって弾き出した春海に興味を抱き、自ら領地に招く。後に彼を改暦の儀の総大将に推薦。水戸藩を挙げて支援を行うことを約束する。授時暦の誤謬により春海が立... 関連ページ:水戸 光圀

その他キーワード

改暦

『天地明察』のテーマ。使用している暦法を、新しい暦法に更新し改めることを言う。本作では、日本国内で800年採用され続けた宣明暦に誤差が生じていることを知る渋川春海が、唐国で使用されている授時暦を基にし... 関連ページ:改暦

SHARE
EC
Amazon
logo