天沢 勇子

電脳コイル(テレビアニメ)の登場人物。読みは「あまさわ ゆうこ」。イリーガルとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
電脳コイル(テレビアニメ)
正式名称
天沢 勇子
ふりがな
あまさわ ゆうこ

総合スレッド

天沢 勇子(電脳コイル)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

勇ましい子と書いて「ユウコ」と読む事から、本人が許容しないままにイサコと呼ばれる事となる。ヤサコと同時期に大黒市へ越して来た少女で、何かの目的の為にイリーガルと呼ばれる電脳生物を必要に追い求めている。

電脳世界の物をただのデータと言い切り、イリーガルをおびき寄せるため、他人の電脳ペットを捕らえて利用するなど非情とも取れる一面も持つ。また、暗号という電脳技術を用いるため、暗号屋とも呼称される。

登場人物・キャラクター

優しい子と書いて「ユウコ」と読む事から、ヤサコと呼ばれている。金沢市から大黒市に越して来た小学6年生の少女で、ひょんなことから出会ったフミエを通じて、彼女の所属するコイル電脳探偵局の一員になった。 自...
『電脳コイル』に登場する仮想生物。電脳メガネをかけている時のみ見る事の出来る謎の電脳生物。形状は個体によって様々だが、どのイリーガルも全身黒い身体をしている。子供たちの間のうわさ話では、異常進化したウ...
『電脳コイル』に登場する仮想生物。電脳メガネをかけている時のみ見る事の出来る電脳生物。ヤサコの飼っているデンスケやフミエのしもべであるオヤジなどがこれに当たる。電脳体であるため、触った感触や体温を感じ...

関連キーワード

金沢市からヤサコが越してくる事となった都市。神社が複数点在している古きを残した町並みでありながら、電脳設備は最新の物を取り入れている。電脳に関係する不思議な現象が多発する土地柄であり、大黒市の子供たち...

登場作品

今よりも少し未来の世界において、電脳メガネというものが子供たちの間で流行していた。それは仮想現実技術により電脳世界をもたらす魅力的な機械で、今ではほとんどの子供が持っているくらいありふれたものとなって...