天顕祭

古事記のエピソードを下敷きとした伝奇ファンタジー漫画。第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。初出は同人誌であり、作者の白井弓子の自薦により入賞、商業出版の運びとなった。

  • 天顕祭
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
天顕祭
作者
ジャンル
ファンタジー一般
 
伝奇

総合スレッド

天顕祭(漫画)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

新着関連スレッド

第三北山飛地(天顕祭)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:24
汚い戦争(天顕祭)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:24

新着関連スレッドもっとみる

概要

汚い戦争」により大気や土壌が汚染された日本。鳶職人の若頭・真中修二は、天顕祭を前にして、1年間現場を共にしてきた後輩の女鳶職人・大島咲の様子がおかしいことに気づく。やがて彼女に深く関わろうとするうちに、真中は第三北山飛地の出身で、そこでの天顕祭において捧げものとなる「クシナダ姫」に選ばれていることを知る。

登場人物・キャラクター

主人公
初登場時17歳の少女。クラブで働いていた時に真中修二と出会い、鳶職人になることを勧められ、真中の属する組に入った。その際に偽名の「木島」を名乗ったため、真中らにはそう呼ばれる。実は第三北山飛地の出身で...
鳶職人で、組の若頭を務める20代の男性。クラブで働いていた大島咲を組に勧誘し、鳶として雇い入れた。父親を「汚い戦争」で汚染された地区での労働により亡くしている。咲の過去と運命を知り、それに抗うべく第三...

場所

『天顕祭』に登場する地区の名前。大島咲の出身地であり、天顕祭発祥の地。他の地域と異なり、ここでの天顕祭の大祭では、「クシナダ姫」に選ばれた女は、清浄な水や空気と引き換えに、その身を「オロチの君」と呼ば...

その他キーワード

『天顕祭』に登場する用語。弥勒菩薩をモデルとして、「汚い戦争」の終結後に人々が作り出した仏である「天顕菩薩」を祀る祭り。毎年初夏に行われるほか、50年に一度の大祭では町から一人選ばれる「クシナダ姫」の...
『天顕祭』に登場する用語。物語の舞台となる時代よりかなり以前に起きたとされる、大きな戦争のこと。ここで使用された兵器の影響により、この世界は「フカシ」と呼ばれる有害物質で汚染された。汚染を免れた地域、...