夫を噛(か)む

夫を噛(か)む

山に囲まれた地方都市、蓮澄町。「セックスレス」「心のレス」など、夫との様々な「レス」に悩む四人の人妻たちが、不倫など様々なかたちで、心のスキマを埋めていく。オムニバスのように始まる各人の物語が、やがて繋がっていく様子を描いた、エロティックストーリー。小学館「月刊!スピリッツ」2019年1月号より連載。

正式名称
夫を噛(か)む
ふりがな
おっとをかむ
作者
ジャンル
不倫
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

夫である健の故郷、蓮澄町。そこは、26歳の妻、藤花にとっては、縁もゆかりもない見知らぬ土地だった。東京の大企業を辞め、地元県議の秘書として政治の勉強をする健は、多忙を理由に、藤花に冷たい。言葉をかわさないのはもちろん、メールの返信すらよこさない。藤花は一人で家に残り、長い時間を過ごすが、そんな生活にも慣れたと思い込み、すべてを諦めていた。ある日、暇を持て余した藤花は、縁側で自慰行為にふけっていた。物音に気づき、我に返った藤花は、庭先に中年男性が立っているのを見つける。慌てて、自分の行為を口止めする藤花。男は村田という、園芸店を営む地元の男性だった。村田は、藤花が借りている家の大家と知り合いで、納屋にある道具を取りに来たのだ。軽トラックに道具を積む村田だったが、すべてはのせられなかった。そこで、彼は藤花に、残りの道具を、自分のビニールハウスまで持ってきてくれと頼む。戸惑う藤花に、「さっきの事を内緒にするから」と、村田は耳打ちする。半ば強制的に村田の家に行く事になった藤花。夫との不仲が続く中で、やがて藤花は村田の人間性に惹かれていく。

SHARE
EC
Amazon
logo