女帝

女帝

身ひとつで水商売の世界に飛び込んだ立花彩香が、自らの才覚と美貌を武器に、ホステスとして成長し、やがて「銀座の女帝」と呼ばれるまでの半生を描いた職業漫画。関連作品に彩香の娘・明日香を主人公とした『女帝 花舞』と番外編の『女帝 花舞 京ふたり』のほか、別ラインの作品として『女帝 薫子』と『女帝 由奈』がある。

概要

熊本で暮らす優等生の女子高生・立花彩香は、スナックを営む母親の麻里子と2人、貧乏ながらも幸せな日々を送っていた。だが同時に、同級生で代議士の娘である北條梨奈から、スナックを営む母を侮辱されるなど、水商売の子であるが故の不遇をかこってもいた。そんなある日、麻里子が末期のガンであることが発覚。

彩香は家庭を支えるため、学校を辞めてスナックを継ぐことを決断する。すると、それを知ったボーイフレンドの杉野謙一は、スナックの女になるとお客に体を売るようになると思い込み、教室で強引に彩香を抱こうとした。挙句、その現場を教師たちに見つかると、彩香が一方的に誘惑してきたと嘘をつき、地元の名士である父親の権力を使ってこの騒動を隠蔽してしまう。

この一件で、金と権力で他人の人生を踏みにじる人々への強い怒りを感じるようになった彩香。そんな矢先、容体が悪化し麻里子は、彩香に父親が生きていると言い残し、この世を去る。母を捨てた男への憎しみ、そして自分たちを見下した人たちへの復讐を誓った彩香は、女を武器に水商売の世界でのし上がり、男たちの上に君臨する女帝となることを決意。

故郷を離れ、ひとり大阪へ向かい、そこで女帝となるための第一歩を踏み出す。

登場人物・キャラクター

主人公

自らの才覚と美貌を武器に、水商売の世界の女帝になることを目指す女性。熊本でスナックを営む母親の西崎麻里子のもと、貧しい母子家庭で育つ。苦労しながらも、女手ひとつで自分を育ててくれた母親に深い感謝と尊敬... 関連ページ:立花 彩香

立花彩香の高校時代の同級生だった男性。地元の名士の息子で、彩香に好意を寄せていた。しかし、強引に彩香の体を求めたことがバレた際、彩香のほうから誘惑されたと濡れ衣を着せ、父親の力を使って事件をもみ消す。... 関連ページ:杉野 謙一

立花彩香の高校時代の同級生である女性。父親は民生党の代議士をしており、貧しい水商売の娘である彩香のことを見下していた。また、自分が想いを寄せる同級生の杉野謙一が、彩香に好意を抱いていることを知ったこと... 関連ページ:北條 梨奈

大阪のスナック・麻里子のママ。立花彩香が高校中退後に初めて勤務したスナックで、彩香からは「大阪のお母さん」と呼ばれる。母を亡くし単身で大阪へやってきた彩香のことを心から心配しており、彩香が暴力団員の伊... 関連ページ:西崎 麻里子

大阪の暴力団・菱和会の傘下にある室戸組の構成員である男性。女をナンパしては風俗などに売り飛ばすスケコマシのようなことを生業としていた。ホステスになったばかりの立花彩香と知り合い、最初は自分の女にしよう... 関連ページ:伊達 直人

大阪ミナミのクラブ・エレガンスのホステス。エレガンスに勤務することになった立花彩香の同僚。ホステスとしての人気はいまひとつだが、気立てのよい性格で、彩香ともすぐに打ち解けた。学生時代に義父にレイプされ... 関連ページ:美樹

大阪のミナミにあるクラブ・エレガンスの№1のホステス。№1であることに強いプライドを持っており、自分のライバルになりそうな新人が入ると、いじめて店を辞めさせていた。エレガンスに入店した立花彩香のことも... 関連ページ:麗子

大阪のミナミ一帯に多くの不動産を持つ実業家の男性。醜い容姿の老人であることからミナミの妖怪との異名をとる。大金持ちだが気難しい性格。贔屓の店やホステスを持たない主義だったが、ホステスに人生を懸けている... 関連ページ:美濃村 達吉

「野獣狩りシリーズ」という大ヒット作を持つ人気作家の男性。客として大阪のクラブ・エレガンスを訪れたことで、立花彩香と出会う。自分の作品に対して媚を売らず正直な感想を述べた彩香に感心し、その言葉のおかげ... 関連ページ:大沢 謙吾

江川 弘美

立花彩香が銀座にきて最初に勤めた店であるクラブ・アマンのママ。「銀座の伝説の女」と言われる藤村佐和は、弘美を育ててくれた恩師。その藤村佐和の店が窮地に陥った際、彩香をより大きく育てるためには佐和の力が必要と考え、アマンのホステスだった彩香を佐和へと預けた。

立花彩香が銀座で最初に勤めたクラブ・アマンの女子大生ホステス。彩香の復讐の相手である北條梨奈とは、同じ大学の友人である。北海道の観光開発を行う資産家の娘で、ホステスは社会勉強の一環でやっていると言って... 関連ページ:工藤 薫

政財界の大物が利用する銀座の老舗クラブ・佐和のママ。銀座では「伝説の女」と呼ばれるほどの人物。ホステスや黒服に対して一流の教育を行う手腕を持ち、クラブ・アマンのママである江川弘美も彼女が育てた女性のひ... 関連ページ:藤村 佐和

立花彩香が東京で2番目に勤めた銀座のクラブ・佐和の黒服。以前はサラリーマンだったが、会社が倒産して自暴自棄になっていたところをママである藤村佐和に拾われ、黒服となった。黒服から身を立てて銀座の帝王にな... 関連ページ:進藤 英二

民力党の代議士。登場時は幹事長で、のちに総理大臣に就任する。清廉潔白な人格者として知られ、国民からの人気も高い。実は立花彩香の父であり、20年前にクラブ・佐和のホステスだった西崎麻里子と恋仲になり、そ... 関連ページ:尾上 雄一郎

本名は坂本リエ。かつて、佐和に勤務していた経験を持つベテランホステス。銀座のホステスとしての振舞いを熟知していることから、立花彩香の教育係として藤村佐和が自分の店へと呼び戻した。面倒見のよい姉御肌な性... 関連ページ:小島 リエ

書誌情報

女帝花舞 全28巻 日本文芸社〈ニチブンコミックス〉 完結

第1巻

(2002年6月発行、 978-4537100907)

第2巻

(2002年9月発行、 978-4537101065)

第3巻

(2002年11月発行、 978-4537101324)

第4巻

(2003年1月発行、 978-4537101515)

第5巻

(2003年2月発行、 978-4537101676)

第6巻

(2003年4月発行、 978-4537101843)

第7巻

(2003年7月発行、 978-4537102048)

第8巻

(2003年9月発行、 978-4537102215)

第9巻

(2003年11月発行、 978-4537102383)

第10巻

(2004年1月発行、 978-4537102598)

第11巻

(2004年3月発行、 978-4537102741)

第12巻

(2004年4月発行、 978-4537102871)

第13巻

(2004年6月発行、 978-4537103045)

第14巻

(2004年8月発行、 978-4537103229)

第15巻

(2004年11月発行、 978-4537103434)

第16巻

(2005年2月発行、 978-4537103755)

第17巻

(2005年5月発行、 978-4537103922)

第18巻

(2005年6月発行、 978-4537104097)

第19巻

(2005年8月10日発行、 978-4537104257)

第20巻

(2005年10月7日発行、 978-4537104448)

第21巻

(2005年12月発行、 978-4537104608)

第22巻

(2006年2月発行、 978-4537104776)

第23巻

(2006年6月発行、 978-4537104998)

第24巻

(2006年9月発行、 978-4537105223)

第25巻

(2006年11月発行、 978-4537105384)

第26巻

(2007年1月発行、 978-4537105629)

第27巻

(2007年3月発行、 978-4537106022)

第28巻

(2007年5月発行、 978-4537106343)

女帝 全12巻 日本文芸社〈ニチブンコミックス〉 完結

第1巻

(2005年9月発行、 978-4537104325)

第2巻

(2005年12月発行、 978-4537104622)

第3巻

(2006年6月発行、 978-4537104899)

第4巻

(2007年7月発行、 978-4537106800)

第5巻

(2007年8月発行、 978-4537106916)

第6巻

(2008年6月発行、 978-4537108354)

第7巻

(2008年9月発行、 978-4537108743)

第8巻

(2008年12月発行、 978-4537109078)

第9巻

(2009年3月発行、 978-4537109382)

第10巻

(2009年6月発行、 978-4537109689)

第11巻

(2009年9月発行、 978-4537124873)

第12巻

(2009年11月発行、 978-4537125214)

女帝 全10巻 日本文芸社〈ニチブンコミック文庫〉 完結

第1巻

(2006年11月発行、 978-4537105742)

第2巻

(2006年11月発行、 978-4537105759)

第3巻

(2006年12月発行、 978-4537105803)

第4巻

(2007年1月発行、 978-4537105841)

第5巻

(2007年2月発行、 978-4537106084)

第6巻

(2007年3月発行、 978-4537106220)

第7巻

(2007年4月発行、 978-4537106268)

第8巻

(2007年5月発行、 978-4537106633)

第9巻

(2007年6月発行、 978-4537106688)

第10巻

(2007年7月発行、 978-4537106749)

SHARE
EC
Amazon
logo