宇佐美 奈々子

宇佐美 奈々子

普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。(漫画)の主人公。読みは「うさみ ななこ」。別称、なな。

登場作品
普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。(漫画)
正式名称
宇佐美 奈々子
ふりがな
うさみ ななこ
別称
なな
別称
なにゃこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

前髪を左前で分けている。流川第三女子高校に通う女子校生。叔父である流川市役所のふるさと振興課の太田貢係長にハメられ、ロコドル(ローカルアイドル)になった。小学1年生の時にアイドルになりたいと作文に書いたことがあり、多少は興味があったため、次第に深みにはまる。

流川ガールズのパートナー小日向縁が完璧超人のため、取り柄がないことを気にする普通の女子だが、何もないところで転び、自己紹介で噛むため、印象に残りやすい。なにゃこは自分の名前を噛んだもので、かなり広く知られている。マジメなため、市税から出ている給料(時給1000円でスタート。後、50円アップ)の使い道に戸惑う。

弱音を吐くこともあるが切り替えは早く、立ち直って前向きに頑張ることができる。市内での人気はかなり高く、ファンの差し入れが多い。やるからには精一杯、ということで全国デビューを目指す決意をしたところ、その直後に実現すると連絡を受ける。魚心くんの中が三ヶ月ゆいか名都借ゆいかを見分けられたり、中の人の表情を読みとるなど、魚心くんのエキスパートである。

登場作品

普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。

自分では取り柄がないと思っていた宇佐美奈々子は、叔父の手伝いに呼ばれて流川市のロコドル(ローカルアイドル)としてデビュー。パートナーで学校の先輩でもある小日向縁とともに、流川ガールズとして活動を続ける... 関連ページ:普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。

SHARE
EC
Amazon
logo