宇宙人レポート サンプルAとB

宇宙人レポート サンプルAとB

地球調査に訪れた宇宙人による、地球人の観察レポートという形式をとった作品。作品のストーリーはシェイクスピア作「ロミオとジュリエット」そのままであるが、恋愛の描写は無機質な科学的記述に置き換えられ、雰囲気は大きく変えられている。「別冊問題小説」1977年7月号に掲載された作品で、『藤子・F・不二雄異色短編集2 気楽に殺ろうよ』に収録されている。

正式名称
宇宙人レポート サンプルAとB
原作者
藤子・F・不二雄
作者
ジャンル
パロディ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小さな恒星系の第三惑星に原始文明を発見した宇宙人は、文明を作った生物の調査を開始する。彼らはサンプルAサンプルBという2つの個体を選び出し、その動向を密かに観察することにした。そんなある夜、サンプルAとサンプルBが出会うと、2つの個体は宇宙人たちが考えもしなかった奇妙な反応を示すのだった。

登場人物・キャラクター

サンプルA

第三惑星において文明を持つ生物。宇宙人が観察対象にしたサンプルの1つで、実は「ロミオとジュリエット」におけるロミオ。筋書き通り、舞踏会で出会ったサンプルBと恋に落ちる。しかし、地球人の慣習を知らない宇宙人からは、極めて不可解な反応や行動をとるものと見なされている。

サンプルB

第三惑星において文明を持つ生物。宇宙人が観察対象にしたサンプルの1つで、実は「ロミオとジュリエット」におけるジュリエット。サンプルAと恋に落ち、彼と結ばれることを願っている。宇宙人には、彼女のこの願いが持つ意味を理解されず、「未知の吸引力が働いている」と推察されている。

X

第三惑星において文明を持つ生物。宇宙人が観察対象にしたサンプルの1つで、実は「ロミオとジュリエット」における修道士ロレンス。サンプルAから相談を受け、サンプルBとの仲を取り持つ。密かにサンプルAとサンプルBの婚礼の儀を行うが、この行為が持つ意味は、宇宙人には理解されずにいる。

クレジット

SHARE
EC
Amazon
logo