宇宙生命

宇宙生命

火の鳥 未来編(漫画)の登場人物。読みは「うちゅうせいめい」。別称、コスモゾーン。

登場作品
火の鳥 未来編(漫画)
正式名称
宇宙生命
ふりがな
うちゅうせいめい
別称
コスモゾーン
関連商品
Amazon 楽天

概要

『火の鳥 未来編』に登場する概念。猿田博士の前に現れた火の鳥が心の声で語りかけた概念。それは、太陽や、惑星も生き物と見なす。世界いたるところに、形も大きさも色も重さもない宇宙生命(コスモゾーン)が飛び回り、それが物質に入り込むことでその物質がはじめて「生き」てくるというもの。

登場作品

火の鳥 未来編

西暦3404年、地球は急速に死にかかっていた。人々は荒れ果てた地上に別れを告げ、地下都市永遠の都を世界五カ所につくり電子頭脳の指令に基づいた暮らしをしていた。人類戦士山之辺マサトは、タマミと暮らしてい... 関連ページ:火の鳥 未来編

SHARE
EC
Amazon
logo