宇津木 康介

魔王ダンテ(漫画)の登場人物。読みは「うつぎ こうすけ」。宇津木涼とは親族関係にある。

  • 宇津木 康介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魔王ダンテ(漫画)
正式名称
宇津木 康介
ふりがな
うつぎ こうすけ

総合スレッド

宇津木 康介(魔王ダンテ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

宇津木涼の父親で宇津木総合病院の院長。しかし、実は神の結社の指導者であり、悪魔や悪魔崇拝者(サタニスト)たちを殺害することを厭わない狂信的な人物。だが息子であるはそのことを知らない。

登場人物・キャラクター

山岳部に所属する高校生。イスカリオテのユダに操られ、悪魔王ダンテの封印を解いてしまう。その後、ユダに捕食されるが、逆に意識を支配してダンテの肉体とその能力を得る。その後は日本に戻り、変身能力を使ってか...

関連キーワード

『魔王ダンテ』に登場する組織。神に仕え、悪魔を滅ぼそうとしている狂信者たちによって構成されている。長年悪魔崇拝者(サタニスト)たちとは敵対関係にあり、16世紀には大規模な魔女狩りを行っていた。近年にお...

登場作品

主人公の高校生・宇都木涼は毎夜のように見る悪夢に悩まされていた。悪夢の内容は「ヒマラヤ山脈の氷に閉じ込められた怪物に自分が出会う」というもの。ある日、日本アルプスを登山中の宇都木涼は、不思議な力によっ...