富士山さんは思春期

富士山さんは思春期

現代日本の中学校を舞台に、女子バレー部のエースである身長181cmの少女・富士山牧央と、同校の男子バレー部に所属する幼馴染のカンバ(上場優一)の身長差カップルを描いた作品。部活動や学校行事、年中行事などの日常を基軸に、思春期ならではのもどかしさや、甘酸っぱい青春が描写されている。『このマンガがすごい! 2014』で11位を獲得。

正式名称
富士山さんは思春期
作者
ジャンル
ラブ・コメディ
レーベル
アクション・コミックス(双葉社)
巻数
全8巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

着替えを目撃したのをきっかけに、幼馴染の富士山牧央が気になりはじめたカンバ(上場優一)は、思い切って彼女に交際を申し込む。晴れて恋人同士となった2人は、周囲にばれないようノートの切れ端でやり取りをしたり、人気のない神社や隣町などでデートをしたりと、中学生らしいお付き合いをしていく。人ごみに紛れて手をつなぐ、段取りの悪いデート、ふいの接触で赤面するなど、思春期まっただ中の中学2年生がみずみずしく描かれる。

身長181cmだが子供のように純粋無垢な富士山と、その身長差をものともせずに接するカンバの、微笑ましい青春グラフィティ。

登場人物・キャラクター

主人公

友人や母親からは「牧」と呼ばれている。三里第三中学校の女子バレー部に所属する中学2年生。身長181cmと恵まれた体躯で、バレー部ではエースを務める。胸はFカップ。中学生女子として高すぎる身長から、男子... 関連ページ:富士山 牧央

三里第三中学校の男子バレー部に所属しているが、活動態度はあまり良くない。部活の友人と女子の着替えを覗こうと目論んだ際、目当てでなかった幼馴染の富士山牧央の着替えを偶然目撃。その光景が忘れられず富士山を... 関連ページ:上場 優一

三里第三中学校の養護教諭を務める女性。サバサバとした性格や男っぽいしゃべり方、それでいて大人の女性らしい色気があるため、男女ともに生徒から人気がある。主人公の富士山牧央や上場優一とは、合宿をはじめとす... 関連ページ:倉敷先生

集団・組織

三里第三中学校

『富士山さんは思春期』に登場する中学校。主人公の富士山牧央は2年1組、上場優一は2年2組に属している。身長181cmのエース富士山を擁する女子バレー部は、大会で準優勝し地方紙のトップを飾るほどの強豪。他の部活動も盛んで、夏休み中には2泊3日の運動部合同合宿が行われている。

書誌情報

富士山さんは思春期 全8巻 双葉社〈アクション・コミックス〉 完結

第1巻

(2013年5月発行、 978-4575842388)

第2巻

(2013年8月発行、 978-4575842777)

第3巻

(2014年1月発行、 978-4575843361)

第4巻

(2014年7月発行、 978-4575844573)

第5巻

(2014年12月発行、 978-4575845525)

第6巻

(2015年4月発行、 978-4575846119)

第7巻

(2015年8月発行、 978-4575846744)

第8巻

(2016年2月27日発行、 978-4575847628)

SHARE
EC
Amazon
logo