小早川 令次郎

デビルキング(漫画)の登場人物。読みは「こばやかわ れいじろう」。別称、小早川博士。

  • 小早川 令次郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
デビルキング(漫画)
正式名称
小早川 令次郎
ふりがな
こばやかわ れいじろう
別称
小早川博士

総合スレッド

小早川 令次郎(デビルキング)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

天才医学博士で細胞学の世界的な権威。文明社会が自然を破壊し人類自らをも蝕むことを憂え、人類が自然への回帰に向かうべきと考える異端の学者。助手の古場が連れてきた会社員藤本正男に開発した新薬コントロール5を施す人体実験を行い、巨人化した藤本正男に神として行動し人類を先導するよう命じる。

登場人物・キャラクター

両親を亡くしたため大学を中退してサラリーマンになり、弟藤本明男の教育に力を注ぐ。24歳。薬を使って神を造ろうとする小早川博士の助手の古場に唆され、人体実験に協力する。実験の結果、体内のエネルギーが十万...

関連キーワード

『デビルキング』に登場する薬品。異端の天才医学博士・小早川令次郎が極秘で開発した新薬。生物の体内エネルギーを十万倍に活性化し、新陳代射を巨大化して、細胞や骨格を巨大化するガス。また少量に調整することで...
国際的な細胞学の権威で医学博士の小早川博士の研究・実験施設。北軽井沢の森の中にひっそりと建つ円筒を2つ重ねた形のビルで、内部には新薬コントロール5を使用して生物を巨大化する実験設備や、巨大化した生物を...

登場作品

科学文明が自然を破壊し人類をも蝕むことを憂える異端の天才医学博士の小早川博士は助手の古場が連れてきた平凡な会社員藤本正男に小早川博士の開発した新薬コントロール5の人体実験を施す。巨人となった藤本正男は...