火星博士

海洋冒険譚風なプロローグから、ロボット・アクションそして火星人襲来というSF活劇に急展開する痛快な作品。1947年9月5日に「不二書房」から描き下ろし単行本として刊行された。

正式名称
火星博士
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
手塚治虫文庫全集(講談社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ケン一ブートン博士が乗った客船が大嵐で難破し、2人はクラゲ島にたどり着く。クラゲ島には地球征服をたくらむ火星人の手下、ポッポ博士が首領を務める巨大な研究施設があり、そこではさまざまなロボットが製造されていた。ケン一とブートン博士はポッポ博士の仲間になることを拒否し、善良なロボット、ピイ子の協力を得て施設から逃亡。

しかし、ピイ子は壊され、ケン一は追っ手に追われて崖から落下し、ブートン博士も火星人に捕らえられてしまう。着々と侵略の準備を進める火星人の前に、地球は危機に陥るのだった。

登場人物・キャラクター

ケン一

花丸博士の助手で正義感が強く勇気ある少年。クラゲ島ではたびたび危険な目に遭うが、そのたびに機転を利かせた大胆な行動で切り抜けていく。少年ながら地球の平和のために人類の敵と戦うという、強い使命感を持っている。

ブートン博士

ハゲ頭で白いヒゲのずんぐり体型で蝶ネクタイ姿の初老の紳士。世界的に有名な科学者で、クラゲ島では悪の仲間入りを強要されるが、その誘いをきっぱりと拒絶する正義漢。両手を縛られても頭突きで敵に対抗するという気概も持つ。

ピイ子

若い女性の形をした事務用のB型ロボット。正しい判断力を備えたアンドロイドで、製造者のポッポ博士の命令であっても悪事なら拒絶する。鋼鉄製で弾丸も跳ね返し一度に大勢の人間を振り回せる怪力だが、大きな弱点がある。

ポッポ博士

世界中に大暴風雨を発生させる機械の発明者で、クラゲ島内の巨大な工場で大量のロボットを製造する一味の首領。角帽をかぶり長い鼻ヒゲとあごヒゲでいつも白衣姿。ブートン博士を仲間に引き入れようとするが拒絶されたため逆上し、ケン一もろとも抹殺を謀る。

書誌情報

火星博士 一千年后の世界 全1巻 講談社〈手塚治虫文庫全集〉 完結

第1巻

(2010年6月11日発行、 978-4063737769)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo