小林 蓮

小林 蓮

ボクを包む月の光(漫画)の主人公。読みは「こばやし れん」。別称、蓮。

登場作品
ボクを包む月の光(漫画)
正式名称
小林 蓮
ふりがな
こばやし れん
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語冒頭では、小学校1年生で7歳。超能力を持つ両親のもとに生まれ、不思議な出来事を見て育つが、ごく普通の少年。そのため通っている学校では同級生から嘘つきだと思われ、不登校になったこともある。ある事件をきっかけに両親の前世である紫苑木蓮に出会い、ふたりの持っていた超能力サーチェス・パワーを目覚めさせる。

それからふたりのことを「守護天使」だと思い込み、あこがれを抱くようになるが、両親たちの持つ宿縁や、他の超能力者たちの人間関係に巻き込まれることになる。「守護天使」と出会って以降は、念動力やテレポーテーション、植物を歌で成長させる力など、様々な超能力を身につけるが、両親と比べると力は弱く、上手く扱えていない。

父親の小林輪や「守護天使」たちに近づくため、超能力を鍛えようとした結果、サイコメトリーを身につける。しかし、8歳のころにかぶっていた帽子から当時の記憶を読み取り、一時はその記憶に振り回されてしまう。

登場作品

ボクを包む月の光

小学校1年生の小林蓮は、超能力を持つ両親のもとに生まれ、数々の不思議な出来事を見て育っていた。蓮自身はごく普通の少年だったが、ある事件をきっかけに両親の前世の姿と出会ったことで、ふたりの助けをかりて受... 関連ページ:ボクを包む月の光

SHARE
EC
Amazon
logo