尖角

尖角

クロノクルセイド(漫画)、悪魔の頭から生えている二本の角。

登場作品
クロノクルセイド(漫画)
正式名称
尖角
ふりがな
ほーん
関連商品
Amazon 楽天

概要

その形状は個人差があるが、悪魔の生命維持活動に必要な霊素(アストラル)を吸収する重要器官となっている。悪魔の力の源にもなっており、悪魔は尖角を利用する事でさまざまな力をあやつる事ができる。また逆に他者の尖角を移植する事でその能力を使用する事も可能で、ヨシュア=クリストファクロノの尖角を身につけた際、本来はクロノが持つ「時間凍結」の能力を使用している。実は悪魔の尖角にはアンテナとしての機能も存在し、魔界から縛鎖(ギアス)を受信する。魔界の縛鎖下ではその行動がほとんど抑制されてしまうため、アイオーンは魔界に対抗するため自らの尖角を折り、剣へと加工している。

登場作品

クロノクルセイド

近代アメリカを舞台としたマグダラ修道会と悪霊や悪魔たちとの戦いを描いた森山大輔の漫画デビュー作。序盤のスチームパンク風世界観から、地球存亡にかかわるサイバーパンクな悪魔同士の戦いへと発展していく。 関連ページ:クロノクルセイド

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
クロノクルセイド
logo