岡部先生

岡部先生

おろち(漫画)の登場人物。読みは「おかべせんせい」。

登場作品
おろち(漫画)
正式名称
岡部先生
ふりがな
おかべせんせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

『おろち』の「戦闘」に登場する男性。南中学校の先生で、同校に息子の正が通う。他人に優しい人徳者としての行動が常で、正も尊敬している。ガダルカナル島における激しい戦闘の生き残り。極限状態の飢えで、兵士たちの中には人肉食を行う者もいた。仲間の肉を食えずに衰弱していく岡部だが、彼を弟のように思う佐野がトカゲの肉と言って人肉を食べさせる。

自分は人間ではなくなったと岡部は悩む。爆撃により、佐野は左足を失い、右腕ももげかけるが、撤退命令が出て船で島を出ることになる。岡部は佐野を連れていく力がないと言い、右腕だけを持っていく。

登場作品

おろち

「姉妹」「ステージ」「カギ」「ふるさと」「骨」「戦闘」「秀才」「眼」「血」の9話からなるオムニバス・ホラー。ミステリーの要素も強い。不老の少女おろちがこの世をさまよいながら、時に不幸な人に寄り添い、そ... 関連ページ:おろち

SHARE
EC
Amazon
logo