岩松

女犯坊(漫画)の登場人物。読みは「いわまつ」。

  • 岩松
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女犯坊(漫画)
正式名称
岩松
ふりがな
いわまつ

総合スレッド

岩松(女犯坊)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

第一部から第三部まで、竜水に従者として付き従ったせむしの寺男。いつも卑屈な笑いを絶やさない死体愛好家で、竜水の依頼を受けて女の手配から死体集め、暗殺など様々な下働きを務めた。基本的には竜水に心酔しているが、ときには竜水の常軌を逸した振る舞いについて行けず、愚痴をこぼすこともあった。

第二部の最後では竜水とともに千代田城の濠に身を投げたが、秘密の抜け穴から浦賀水道を経て長崎まで流れ着く。第三部では長崎で通詞をしていたが、切支丹狩りに巻き込まれた竜水が磔にされるところを救出し、以降は再び従者としてまた竜水を手助けしていた。

登場人物・キャラクター

強靭な肉体と絶大な性欲の持ち主。馬を担いで疾走し、大伽藍の柱もへし折るほどの体力と、呪殺から妖怪の調伏までできる神通力、さらには怪しげな媚薬や麻薬を作る才能まである。女犯教なる経典を掲げて世直しを宣言...

登場作品

僧侶の女犯が厳しく罰せられる江戸時代、精力絶倫な僧侶竜水は建前ばかりの権力や戒律に反発し、自ら女犯坊と称する。その振る舞いは女は犯し、男は殺すという暴虐三昧。されど、時には弱きを助け強きをくじく一面も...