島津 斉彬

風雲児たち(漫画)の登場人物。読みは「しまづ なりあきら」。

  • 島津 斉彬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風雲児たち(漫画)
正式名称
島津 斉彬
ふりがな
しまづ なりあきら

総合スレッド

島津 斉彬(風雲児たち)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

薩摩藩江戸屋敷の主で、37才になるまで一度も薩摩を見たことがなかった。曾祖父島津重豪より、徹底的な開明教育を受ける。父親島津斉興の代理で江戸城へ行った際、安部正弘に琉球開国を提案する。その後、初めて薩摩入りを果たす。実在の人物島津斉彬がモデル。

登場人物・キャラクター

天保改革の失敗で一度失脚した水野忠邦が老中筆頭に復帰した際、ブレーンとなったひとり。水野忠邦が老中辞職した後、その後任となる。老中となった後は、数々の悪事を働いた鳥居耀蔵に審問を開始し、最終的に幽閉を...

登場作品

慶長5年、9月15日。関ヶ原の戦いが勃発。徳川家康が総大将の東軍と毛利輝元が総大将の西軍の戦が始まった。東軍の方が分が悪いと思われた戦だったが、小早川秀秋や吉川広家らの裏切り行為などにより東軍が勝利。...