工藤 優作

喧嘩稼業(漫画)の登場人物。読みは「くどう ゆうさく」。佐藤十兵衛とはライバル関係。

  • 工藤 優作
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
喧嘩稼業(漫画)
正式名称
工藤 優作
ふりがな
くどう ゆうさく

総合スレッド

工藤 優作(喧嘩稼業)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

上半身に刺青を入れた男性で、ヤクザの依頼により素手でターゲットを叩きのめす喧嘩屋。生まれてすぐに母親に捨てられたため戸籍はなく、工藤という名前はヤクザから買った戸籍のもの。神経伝達物質や脳内麻薬を自在に操れる特異体質であり、それにより、ビルから落とされても平気だったり、握力のみで相手の腕を折ったりといった、人間離れしたタフさとパワーを持っており、格闘技などの技術は一切ない素人だが、無敵の強さを持っている。

かつて佐藤十兵衛を喧嘩で敗北させ、十兵衛が強さをより求めるきっかけとなった。口癖は、強敵と出会った時の「燃えるぜ」と、勝負がついた後の「燃えたぜ」。陰陽トーナメント出場者の一人で、1回戦の相手は梶原修人

登場人物・キャラクター

東京から行座宇都宮高校に転校してきた男子高校生。かつてはいじめられっ子だったが強さに憧れるようになり、古武術・富田流の伝承者である入江文学の指導を受けて喧嘩の腕を上げていった。工藤優作との戦いに敗北し...

関連キーワード

『喧嘩稼業』の舞台となる、マカオにて開催の異種格闘大会。田島彬が、ボクシングの世界王者となって手に入れた2億ドルのファイトマネーを使って主催した。ノールールで、16人が参加するワンデイトーナメントの優...

登場作品

総合格闘家・田島彬がマカオで開催する、さまざまな格闘技の強者16人を集めて行われる異種格闘トーナメント大会・陰陽トーナメント。古武術・富田流を学ぶ佐藤十兵衛は、かつて自分が惨敗を喫した喧嘩屋・工藤優作...