幻鐘 大王

天地を喰らう(漫画)の登場人物。読みは「げんしょう だいおう」。劉備とはライバル関係。

  • 幻鐘 大王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天地を喰らう(漫画)
正式名称
幻鐘 大王
ふりがな
げんしょう だいおう

総合スレッド

幻鐘 大王(天地を喰らう)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

黄巾族を指揮して中国全土を混乱させた張角の正体。魔界の王で、呑邪鬼の肝を狙ったが、結局食えなかった。地上界を支配して、人間をこくごとく食い尽くすつもりだったが、それに対し、竜王が待ったをかけ、劉備玄徳諸葛孔明が力を合わせて倒した。

このとき、幻鐘大王の肉体は108の野望の魂に分裂し、その魂は、各地の曹操猛徳董卓、袁紹といった有力者のもとへ飛んでいった。劉備の体内にも入ろうとしたが、彼は自力でそれを阻止している。

登場人物・キャラクター

楼桑村のワラジ売りの少年。泥棒をして村人に追いかけられることもあり、素行不良。実際は、漢の中山靖王の末孫で景帝の玄孫にあたる。村に帰ってきてみると、死病にとりつかれたという姉妹がいた。最期に男の妻にな...

登場作品

貧しい身なりのワラジ売り、劉備玄徳は、死病にかかりながらも最期に誰かの妻になりたいという2人の姉妹と出会う。劉備は妹を選び、姉の方は、諸国を旅して回ってきた諸葛孔明が引き取ろうとした。だが、村人たちが...