弁財天

超劇画 聖徳太子(漫画)の登場人物。読みは「べんざいてん」。閻王とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
超劇画 聖徳太子(漫画)
正式名称
弁財天
ふりがな
べんざいてん

総合スレッド

弁財天(超劇画 聖徳太子)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

閻王の妻である絶世の美女。地獄に連行された聖徳太子に対して最初は性欲目的で迫るだけだったが、やがて夫の閻王を捨てて太子のもとに走るくらいの恋心を抱く。地獄解放戦線との全面戦争で地獄の窯から亡者が黄泉帰りしてからは、暴徒と化した亡者たちを怨霊体操でまとめあげる。

登場人物・キャラクター

一族を滅ぼした蘇我氏に復讐するため、禁断の法によって黄泉の国から輪廻転生した。生前は気高く優しい姿だったが、転生後は筋骨隆々とした精力たくましい大男の姿となる。転生後は霊界からの刺客と闘い、また死霊に...
人類最初の死者にして、太陽の神ビバスバットの子。唾液は蛇、精液は八岐大蛇に変えることができる。輪廻転生を果たした聖徳太子を部下に捕らえさせて地獄に連行するが、共に王になりそこねた者同士ということで友情...

関連キーワード

閻王こと閻魔羅闍によって切り開かれた世界で、恐怖の八大熱地獄や戦慄の八大寒冷地獄などがある。死霊が違法に輪廻転生しないように、霊魂管理センターが監視している。閻王は巨大な頭のような形をした大王庁にて執...

登場作品

生前は蘇我馬子に実権を奪われ、死後は蘇我入鹿らによって一族を滅ぼされてしまった聖徳太子だが、馬子の助言で輪廻転生を行い復讐のため現世へ舞い戻った。しかし、掟を破ったことで霊界からの刺客に追われて霊界に...