影

最終戦争シリーズ(漫画)の主人公。読みは「しゃどう」。

登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
ふりがな
しゃどう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ワイプ・アウト』『風の迷路』『風の尖塔』『黒の谷風』『封鎖地区』の主人公。西塔小角のクローンとして、小角の祖父で魔術師兼医者の秋吉真名部によって作成された。外見は小角と変わらないが、身長は2㎝だけ低かったという。カザフスタン大公国滅亡後、無法者の仲間になる。

市オタル市長、諌早呉道の誘いに乗り、小角との入れ替わりを計画して上司の依志羽良絵馬を誘拐。しかし、絵馬を殺そうとした呉道と相討ちとなって虚数空間に流されてしまう。その後、三合会のドクター・ダウラギリに蘇生させられたものの、人工心臓に半年ごとに更新が必要な時限爆弾を仕掛けられ、配下になる。

ダウラギリレイクに取って代わられると、レイクの部下になる。その後、レイクから、「視力を失い角と羽を移植された絵馬とともに次の人工心臓の更新までに15世紀のイタリアから三合会の時間通路にたどりつけるか」というゲームを強いられる。絵馬を彼女の安全のためにボルジア家へと売り、バグダッドのパトロール時間支局に向かったが、これはパトロールに絵馬救出を託す計画を立てていたためであった。

ゲームは三合会乗っ取りを狙う時空海賊の乱入の末、小角とエディラの介入で終了。だが三合会ダウラギリを暗殺したことがバレたレイクは、すでに逃走していた。

いち早く彼の後を追い、虚数空間内の潜伏先に侵入して小型爆弾摘出手術を受けた後、パトロールにより救出されている。市オタルで絵馬と結婚。式はレイクとエディラと合同で挙げられたが、絵馬が行方不明になってしまい、捜索中に姿を消している。

関連人物・キャラクター

西塔小角

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ファーストコンタクト』『トルント沼沢地』『夢魔』『笛吹伝説』『放電空間』『雨の降る日は天気が悪い』『とっくりタヌキ』『きつね雨』『ケサラン パサラン』『地平線の銀... 関連ページ:西塔小角

依志羽良絵馬

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ドクター・レイクの休診日』『風の迷路』の主人公。2743年生まれ。子供のころから市オタルのパトロールスクールに入っていて、サバイバル訓練の最中にカザフスタン... 関連ページ:依志羽良絵馬

登場作品

最終戦争シリーズ

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく... 関連ページ:最終戦争シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo