最終戦争シリーズ

最終戦争シリーズ

地殻変動兵器による最終戦争以降、人類は滅亡への道をたどっている。その背後には、有史以前に火星と金星を滅ぼした、破滅をもたらす異種生命体、デーヴァダッタの影があった。活力を失った人類と、滅びをもたらすデーヴァダッタとの戦いを描く壮大なSF連作コミック。シリーズ中、最終戦争そのものを描いた物語は少なく、3500年代がシリーズの主たる背景である。さらに20世紀末や歴史上のエピソードなども絡めて展開していく。シリーズの中には、大きな流れから独立して、デーヴァダッタや時空犯罪者の起こした事件を描き、終盤にパトロールの西塔小角らが説明をしに登場するだけのものもある。パトロールとして働く小角らを主人公にした「パトロールシリーズ」、伊津原永都らを主人公にした「最終戦争伝説」を内包する。山田ミネコが1970年代から描き続け、小説や同人誌で展開し続けている超大作。未完。

正式名称
最終戦争シリーズ
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
サン・コミックス(朝日ソノラマ)
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく。人類の未来をつなぐために尾鷹星野西塔小角伊津原永都らは、人々の滅びへの欲求を叶える異種生命体デーヴァダッタなどに抗い続ける。

登場人物・キャラクター

主人公

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『逢魔街道編』『敦煌』『パトロールの門』の主人公。ストレートの長髪で、どこかはかなげで上品そうな青年。西暦3364年生まれ。市トーノ出身。歴史学者の両親が家を不在が... 関連ページ:尾鷹 星野

主人公

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ファーストコンタクト』『トルント沼沢地』『夢魔』『笛吹伝説』『放電空間』『雨の降る日は天気が悪い』『とっくりタヌキ』『きつね雨』『ケサラン パサラン』『地平線の銀... 関連ページ:西塔 小角

主人公

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『秋津島大和編』『黄泉の向こう岸』『開放都市』『孔雀天使城』の主人公。1964年生まれ。鎌倉の高校で応援団長をしていた。ソマの母を早くに亡くし、父と兄と暮らす。カト... 関連ページ:伊津原 永都

主人公

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ワイプ・アウト』『風の迷路』『風の尖塔』『黒の谷風』『封鎖地区』の主人公。西塔小角のクローンとして、小角の祖父で魔術師兼医者の秋吉真名部によって作成された。... 関連ページ:

主人公

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ドクター・レイクの休診日』『ドクターレイクの花祭り』『ゴドニー&アスール・カンパニー』『風の迷路』『海へいこうね』『風の尖塔』『黒の谷風』『封鎖地区』の主人公。籐... 関連ページ:レイク

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『冬の円盤』『誕生日がこない』の主人公。人類を救うために奔走する女性。右で分けたゆるいウェーブのロングヘアをしている。性格もふわっとしてるが、思いこんだら頑固。19... 関連ページ:大槻 笑

長い黒髪の女性。市トーノの魔術師兼医者である秋吉真名部の娘だが、自殺嗜好症のために昏睡状態にされ、2年ごとに目覚めていた。カザフスタン大公国で、大公に見初められ一の妃となる。大公との間に小角を生んでい... 関連ページ:秋吉 唱

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『西の22』『木は花の天使のオレンジ』『逢魔街道編』の主人公。黒い縮れ髪がトレードマーク。宇宙飛行士(アストロノウツ)の家系で、未来の一等宇宙飛行士と目されていた。... 関連ページ:御子芝 唯

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『逢魔街道編』『風の智天使』の主人公。1955年生まれ。早くに母を失う。15歳で父親も死亡。引き取り先で揉めたが、単球性白血病で死亡する予定だったため尾鷹星野に連れ... 関連ページ:大槻 真砂流

野郎国の姫。心臓に寄生虫がつく風土病で、数カ月の命と思われていた。西の22の難民が来た際に、大槻真砂流と恋仲になる。野郎国で真砂流と共に尾鷹星野たちの助けを待っていたが、容体が急変したため心中。だが、... 関連ページ:宝砂

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『七時の鐘』『逢魔街道編』『九月の地平線』『海へ帰れ』『風の笛』の主人公。黒髪を耳の上でおだんごにしている。春車の姉。草原の村で暮らしていたがデーヴァダッタに全滅さ... 関連ページ:大車

大車の妹。同じようにおだんごにしているが大車よりも髪の色は薄く長い。夢の中に他人を引き込む能力があり、37人目の被害者が伊津原永都。草原の村の子だが、体が弱く、不思議な力をデーヴァダッタから隠すために... 関連ページ:春車

『誰かが街を見ている』で脳天に角と蝙蝠のような翼と悪魔のような尾があるアンドロイド。元々は市オタルに住んでいた少女で、両親と兄が2人いる。誕生日プレゼントとして、おじの東日流青海博士に制作された。妹ア... 関連ページ:東日流 七海

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ペレランドラに帰りたい』『火星人と竜の城』『セラフとザンベジ川』『砂糖月ドーナツ曜日』の主人公。元宇宙船医の火星人(ゴ・ダエヴァ・ベム)。日本では、山田を名乗って... 関連ページ:コネミ・ダ・マーヤ

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『遙なり我が故郷』『セラフとザンベジ川』の主人公。元宇宙飛行士で金星人(ペレランドラ・ベム)。精神感応によるテレポーテーションが可能。日本では小松原を名乗っていた。... 関連ページ:ミルテラ・バーツマコ

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『雨のふる日は天気が悪い』『きつね雨』の主人公。本名など多くのことが不明。実は、現在の宇宙が始まる前の宇宙からやって来た一族。大跳躍と呼ばれる超長期の時間跳躍をする... 関連ページ:熾天使

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ジャッカル』の主人公。ボサボサ髪の少女であったが、後に、長いくせっ毛になった少女。廃墟の東京付近で独りで暮らしていたところを大車に助けられ、尾鷹星野たちに連れられ... 関連ページ:ジャッカル

2700年代の三合会の首領。常に全身を覆う衣装で声も変え、他人に正体を明かさないようにしていた。デイジという娘がいる。表の顔はカトマンズの市立大学学長、プロフェッサー巴念速として世間でも好評判の人物だ... 関連ページ:ダウラギリ

デーヴァダッタで唯一の男。黄泉と呼ばれる異次元の岩で眠っていて、1000年に一度目覚めて5人の花嫁を選ぶ。選ばれた花嫁を細胞単位に分解して吸収し、海王星の大気中に何億という新しいデーヴァダッタとして再... 関連ページ:黄泉の王

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『猿神の迷宮』の主人公。髪を剃って左側頭部に封印の文様を描いている。ソマ族の戦士。ハヌマンとは猿神のこと。曽祖父の代から秋吉唱を追い続け、常に唱に殺されているらしい... 関連ページ:ハヌマン

『最終戦争伝説』の主人公の一人。『逢魔街道編』の主人公。3487年生まれ。母はA級時間犯・秋元未散(あきもとみちる)、父はインカ皇帝アタウアルパ。時間犯罪者コロニーに居たが、3492年にデーヴァダッタ... 関連ページ:リオラマ・アタウアルパ

『最終戦争シリーズ』に登場する妖怪。全身が泥のような単純な造作をしている。短時間、人間に化けられる。人語を解するが、あまり流暢にはしゃべれない。地下で生まれ、5000年前に地上に出た。最終戦争で家族と... 関連ページ:風々

巻き毛で閉じているような目をした少年。レイクに似ている。カトマンズの名家タカリ族長の息子。双子の兄アーシュラが死んだため当主となる。しっかり者の妹ルミドラ(ドラミちゃん)に対して弱い。出来の良い妹に子... 関連ページ:インドラ・シェルチェン

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ドクター・レイクの休診日』『風の迷路』の主人公。2743年生まれ。子供のころから市オタルのパトロールスクールに入っていて、サバイバル訓練の最中にカザフスタン... 関連ページ:依志羽良 絵馬

『草原の狼』の主人公。名前は「夜明の星の光」の意味。市マラケシュ首長とソマの銀のミルバの娘。褐色の肌に銀の髪の少女。市ニューデリーで暮らしていた。母の仇のステッペン・ウルフを探し、たのまれ屋を始めてい... 関連ページ:ウルスワーピ

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『草原の狼』の主人公。長い黒髪の青年殺し屋。赤ん坊の頃から武器を玩具にしており、初めての殺しは6歳と噂される。実はソマの人狩として、人間を裏切った人間を狩っている。... 関連ページ:

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『最終戦争』の主人公。2歳で事故のために体を失ったセオのクローン。セオの事故にショックを受けた母を癒す目的で作られたが、母は真実に気付いて精神を病み死亡。真実を告げ... 関連ページ:語部 十蘭

単独で現れるときはオールバック。作者の山田ミネコによると、全作品中でオールバックの人物は彼のみ。2277年生まれ。2歳で子守りマシンの下敷きになって首から下を潰され、父親によりコンピュータと直結される... 関連ページ:セオ

前髪がそっくり返っていて額の左側で分けた黒髪の少年。2010年に四次元コイルを発明する。2150年頃にこのコイルが起こしたエネルギー革命により、化石燃料をめぐる争いはなくなった。また、大出力のレーザー... 関連ページ:ディック・トレイシー

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『自我系の暗黒めぐる銀河の魚』『緑の少女』の主人公。ショートカットで後ろ襟のところだけ長く伸ばしている少年。コンピュータが選んだ最高の遺伝子を持つ人工受精児で、義務... 関連ページ:志月 竹流

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『市会議』の主人公。ふわふわ長髪の男性。パトロールを経て市オタルの市長に就任。パトロールとしてウズベキスタン大公国に赴いたときに秋吉唱と出会う。大公国滅亡により唱を... 関連ページ:西塔 夜行

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『緑の少女』の主人公。馬飼連古幹の孫娘。大海比古に強引に連れて行かれそうなところを志月竹流に助けられる。その後、再び狼藉を働いた大海比古を諫めた大兄皇子に恋してしま... 関連ページ:安曇

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『パトロール』の主人公。漆黒の肌に金髪。新婚3ヶ月だが、多忙で妻の水樹との時間がとれないことを嘆いていた。水樹は思惟に釣り合わないという世間の噂にノイローゼを発症し... 関連ページ:思惟

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『雲上比飛行』『雲中飛行』の主人公。レイクとともに第三次海王星探検隊に参加した宇宙飛行士(アストロノウツ)。幼い頃に某国から亡命してきた。出発前に、生き神(クマリ)... 関連ページ:

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『土曜の夜』の主人公。大槻笑と同じ学校に通う高校生。笑の友人をガールフレンドにしていたが、笑に惹かれる。猛アタックをしたが笑は病死し、尾鷹星野とともに未来へ行ってし... 関連ページ:沢渡 勲

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『クレイジー・ドリー』の主人公。褐色の肌の市オタルのパトロール。5年前に知己だった闇のジンと呼ばれる犯罪者が、逮捕後の人格改造で別人になってしまったことを悔やみ、犯... 関連ページ:ミドリ・ガンダルヴァ

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ゴドニー&アスール・カンパニー』の主人公。前髪を揃えた長い黒髪の女性。バグダッドのパトロールで、かなりの腕利き。右パンチは体重以上に威力があると評判。依志羽良絵馬... 関連ページ:エディラ・イスタハフリー

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『マヤの青』の主人公。マヤのウシュマルの二の姫。パトロールのディラン・フレイザーに時間移民を持ちかけられたが、近親婚による人物は審査を通らず取り残される。一族が他部... 関連ページ:ネム

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『神聖都市伝説』の主人公。盗賊団を率いる、ちょっと軽いところのある青年。奴隷市場で暴れているメルーが気に入って強奪した。その直後に配下の盗賊団がデーヴァダッタに襲わ... 関連ページ:ヴァンダル

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『神聖都市伝説』の主人公。長いくるくるの巻き毛の少女。市トリーバーグ付近の小さな領国の姫だったが、国が滅びて奴隷として売られる。ヴァンダルの盗賊団に攫われたが、デー... 関連ページ:メルー

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ウォーク・ドント・ラン』の主人公。20世紀のビジュアル系ロットバンドの「スラッシュ」のリーダーでボーカル。音楽性にこだわりをもっている。幼い頃、一緒に暮らしたレイ... 関連ページ:春美

集団・組織

パトロール

『最終戦争シリーズ』の組織。最終戦争後の世界の各都市にある、警察と役人、軍を混ぜたような組織。重要な役割を担っているため、メンバーはエリート揃い。時空間犯罪を扱う「超空時課」のほかに「麻薬課」なども存在する。

三合会

『最終戦争シリーズ』に登場する組織。麻薬を主に扱う世界的な犯罪集団で、ダウラギリ山の麓に本部がある。組織を誰がいつ作ったかは不明。薬品チェーン、病院、総合商社などの企業とも関係が深い。デーヴァダッタと... 関連ページ:三合会

ソマ

『最終戦争シリーズ』に登場するグループ。デーヴァダッタの存在に早くから気付いて、長い間戦ってきた一族。いながらにしてすべてのことを知る精神飛行の力を持つ生き神がトップ。デーヴァダッタと戦う戦士、デーヴ... 関連ページ:ソマ

その他キーワード

最終戦争

『最終戦争シリーズ』の用語。西暦2296年10月10日、デーヴァダッタに唆された世界中の生体コンピュータの78基が、それまでこっそり楽しんでいた滅亡ゲームを実行に移す。地殻変動兵器メビウスによって全世... 関連ページ:最終戦争

デーヴァダッタ

『最終戦争シリーズ』の用語。種族名。はるか彼方の宇宙からやって来た異種生命体。単独では灰色の霧状になる。細胞に核を持たない生命体だが、個体としての意識を持っている。岩に付着などして宇宙を移動。主に人間... 関連ページ:デーヴァダッタ

SHARE
EC
Amazon
logo