御使い<ネコ型>

御使い<ネコ型>

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(漫画)の登場人物。読みは「みつかい ねこがた」。

登場作品
かつて魔法少女と悪は敵対していた。(漫画)
正式名称
御使い<ネコ型>
ふりがな
みつかい ねこがた
関連商品
Amazon 楽天

概要

『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』の登場キャラクター。天使で、本名は不明。深森白夜を魔法少女にした。白夜と一緒に暮らしている。彼女が育った孤児院が地上げ屋に取られそうになった時、お金の問題をちらつかせて、魔法少女になって世界を救うのと身体を売るのとどちらがいいかを迫って、契約させた。実際は地上げ屋と手を組んでいたことが判明する。

また白夜がスライムと戦った時のエロティックな映像を売りさばこうとしたこともある。彼女をだまして、バイト代や魔法少女の栄光すべてを自分のものにしており、バレた時にミラに一度殺されている。ただ、死という概念がないため何度も現れている。時々、目つきが悪いタバコをくわえた人間の男性に姿を変える。

登場作品

かつて魔法少女と悪は敵対していた。

悪の組織の参謀、ミラ。彼は可憐な姿の魔法少女、深森白夜に一目惚れをした。敵であると知りつつ、ミラは彼女に手を差し伸べてしまう。悪役の叶わぬ恋をコメディタッチに描く。連載中、作者の藤原ここあが急逝したた... 関連ページ:かつて魔法少女と悪は敵対していた。

SHARE
EC
Amazon
logo