恐竜大紀行

恐竜を含む中生代の動物の生態、および食物連鎖を、調査チームが現地に赴いて観察しているかのように描いた擬似ドキュメンタリー連作漫画。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
恐竜大紀行
作者
ジャンル
ドキュメンタリー、実話
 
恐竜

総合スレッド

恐竜大紀行(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

キング(恐竜大紀行)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05
ドン(恐竜大紀行)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05

新着関連スレッドもっとみる

概要

中生代のさまざまな時代に調査チームが赴いて、恐竜を含む動物の生態、および食物連鎖の様子を観察しているかのように描いた擬似ドキュメンタリー連作漫画。観察対象には名前が付けられ、観察対象間でかわされる会話も描かれる。テーマは「命ある限り喰え」。

登場人物・キャラクター

『恐竜大紀行』に登場する恐竜。白亜紀後期のジャングルに君臨する巨大なティラノサウルスのメスで、『スカーフェイスの生涯』編の主人公。卵の埋まった巣を守っていて、採食行動ができずに弱っているところへ通りか...
『恐竜大紀行』に登場する翼竜。白亜紀に生息したプテラノドンの子供で『チビ』の主人公。兄弟の中で最も身体が小さいが、兄弟に比べて身が軽く要領がよい。母親がエラスモサウルスに捕食されて餌の世話を受けられな...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。ジュラ紀に生息した巨大なアパトサウルスのオスで『サンダーとペッカー』編の主人公。サンダーの群れは、ボスによって沼地のない平原へと誘導されて弱ったところを、次々とボスに襲わ...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。ジュラ紀に生息したアロサウルスの狡猾で巨大なオス。『サンダーとペッカー』編に登場する。サンダーのいる群れを弱らせるために沼地のない平原へと誘導しつつ、群れから脱落した個体...
『恐竜大紀行』に登場する鳥。ジュラ紀に生息したアルケオプテリックス(始祖鳥)のメス。『サンダーとペッカー』編に登場する。体が弱って群れからはぐれたところをサンダーに出会う。ペッカーがサンダーに寄生して...
『恐竜大紀行』に登場する魚竜。ジュラ紀に生息したイクチオサウルスの若い個体。母親に生きるための術を教えてもらっていたが、母親の教えに背いて深く潜ってしまったことでプレシオサウルスに襲われ、母親は捕食さ...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。ジュラ紀後期のステゴサウルスのオスで『のんき者ノロ』編の主人公。好奇心が強い。頭の回転が遅く動きも鈍重でジョーカーにいいように扱われている。偶然に出合った抱卵中のオスのス...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。ジュラ紀後期のオルニトレステス。『のんき者ノロ』編に登場する。身体は小さいが頭がよく敏捷なので、鈍重なノロをかまってはトカゲなどを捕食するのに利用していた。ノロが抱卵して...
『恐竜大紀行』に登場する草食恐竜。白亜紀後期のパキケファロサウルスのオスで『ロック』編の主人公。繁殖期にメスのフルールを争って群れのリーダーのボイスに敗れ、群れから追い出される。しばらくはオスの群れで...
『恐竜大紀行』に登場する肉食の哺乳類型爬虫類。三畳紀に生息したディメトロドンのオス。『水辺のブラッド』編の主人公。背中に巨大な帆を持ち、他の生物よりも体温のコントロールに優れ、さらに大きな帆を敵の威嚇...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。白亜紀末に生息したアンキロサウルスのオス。『とうちゃん』編の主人公。背中から尾にかけて鎧のような骨盤に覆われていて背中への攻撃には強いが、腹の皮膚は弱く仰向けになると弱い...
『恐竜大紀行』に登場する亀。白亜紀に生息した巨大な亀で老いたアルケロン。『ケロンじいさんが見たこと』編の主人公。小さなエビから始まり、アンモナイト、エラスモサウルス、ティロサウルスと続く海の生態系の食...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。白亜紀末期に生息したトリケラトプスのオスで『英雄ドン』編の主人公。指導力のあるリーダーだったが、群れを守るためにティラノサウルスの群れと戦って角を折ってしまい、副リーダー...
『恐竜大紀行』に登場する恐竜。白亜紀後期に生息したティラノサウルスのオス。『化石』編の主人公で最後の恐竜。大規模な地殻変動で激変する環境に翻弄され、最後は地殻変動によって死んだパラサウロロフスの味を噛...