愛ともぐもぐ

兄の長期出張の間、メチャクチャな食生活を送っていた女子中学生が主人公。偶然、同じ中学の上級生で調理部部長の男子生徒がお隣さんだった事からはじまる、愛と料理のハートフル・ラブコメディ。「りぼん」2018年4月号より連載。

正式名称
愛ともぐもぐ
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
りぼんマスコットコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

甘野福は、兄と二人暮らしをする、中学生2年生の女の子。兄が出張中の1年間、完璧な自炊生活を送るつもりだったが、実際の食生活は乱れていた。ファストフードや菓子パンなど、独身のサラリーマンのような食事ばかりだったのだ。そんなある日、今度の土曜日に兄が帰ってくるという電話を受ける。ベランダで、ハンバーガーを頬張りながら電話に出ていた福は、「ちゃんとした食事をとっているか」という兄の言葉にドキッとしながらも、自炊をしていると噓をつく。

そんな様子を偶然目にしてしまったのが、隣に住む辛島想太。ファストフードよりましだと、想太は残りものを詰めたタッパーを、福に渡す。その優しさに感動した福は、タッパーの料理を食べて、その旨さにまたまた感動するのであった。

翌日、福が学校の食堂で、友達に昨日の出来事を話していると、エプロン姿の想太が現れる。想太は同じ学校の調理部部長だったのだ。タッパーを返そうとお礼を言う福だったが、些細なことで想太とケンカをしてしまう。授業終わりのホームルーム。土曜日に授業参観があるという。食堂は閉まっているので、弁当は各自持参だった。

参観に来てくれる兄のために、弁当作りに挑戦しようとする福だが、料理本を立ち読みして諦める。スーパーマーケットで、菓子パンを買い込んで帰ろうとしたとき、バッタリと想太に出会う。ケンカした気まずさに、そそくさと立ち去ろうとする福に、想太は声をかける。くだらない事でケンカをした罪滅ぼしに、自分が料理を作ってあげるというのだ。

想太の優しさに再び感動した福は、料理を教えてほしいと頼む。こうして、二人で料理をすることになり、悪戦苦闘の末に、かわいいお弁当が二つ完成した。そして授業参観当日。お昼休みになっても、福の兄は現れなかった。仕事の都合で来られなくなってしまったのだ。落ち込む福の前に、想太がやってきた。3年生である想太は、午前中で授業が終わりだったが、お兄さんの代わりをしてくれるという。

想太の優しさに涙を流す福。こうして福は、お隣さんである想太と、幸せいっぱいの日々を過ごすことになったのである。

登場人物・キャラクター

甘野 福

14歳の中学2年生。ツインテールが特徴の女の子。小学校5年生の時に、両親が離婚し、マンションで兄と二人暮らしをしている。お隣は、同じ学校の3年生である辛島想太。性格は甘えん坊で、お兄ちゃん子。料理が苦手で、兄の出張中はファストフードや菓子パンばかり食べていた。食生活の乱れがきっかけで、隣人の想太と知り合いになり、仲良くなる。

辛島 想太

甘野福と同じ中学に通う、中学3年生の男子。調理部部長。福が住んでいるマンションの隣人。「健全な精神は、健全な食事から」がモットー。福の食生活を見かねて、バランスの良い食事をあげたり、料理を教えたりする。一見クールだが、じつは面倒見の良い優しい性格。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo