感謝知らずの男

ロンドンのバレエダンサー、レヴィを主人公に、個性的な性格の彼と、彼の周囲の人々の間に起きるトラブルを描いた短編。レヴィの初出は、同作者・萩尾望都のバレエ漫画『ローマへの道』の脇役としてである。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
感謝知らずの男
作者
ジャンル
バレエ

総合スレッド

感謝知らずの男(漫画)の総合スレッド
2017.01.05 16:28

新着関連スレッド

シグ(感謝知らずの男)の総合スレッド
マンガペディア公式 2017.01.05 16:28
ミツグ(感謝知らずの男)の総合スレッド
マンガペディア公式 2017.01.05 16:28

新着関連スレッドもっとみる

概要

騒音が多い建物に住んでいるため、不眠の日々が続いているバレエダンサーの青年、レヴィは楽譜屋の伝言板で見つけた防音壁つきの共同アパートに引っ越すことにした。しかし、そこの隣人である音楽学校の学生であるモリスは、親切でおせっかい焼き。独りで静かに暮らしたいレヴィは、彼と彼の恋人であるミリーの親切の押し売りに疲れきってしまう。

その上ミリーは次第にレヴィに惹かれ、いつの間にか三角関係の構図が出来上がってしまう。

登場人物・キャラクター

主人公
17歳の青年。家を出て独り暮らしをしながら、バレエダンサーをしている。個人主義的な、独立心の高い性格。性格を理解してくれている整体師のシグや、同じくダンサーのミツグとはいい友人関係を築いている。不潔恐...
音楽学校の学生で、ヴァイオリン奏者。メガネをかけた青年。声楽科のミリーと付き合っている。山で昼寝をしていたレヴィを、倒れていると勘違いして叩き起こしたことがある。共同アパートの家主が増築した部屋の入居...
音楽学校の声楽科に通う学生。黒髪の女性。同じ学校に通うヴァイオリン奏者のモリスと付き合っている。明るく世話焼きで、料理上手。モリスの住む共同アパートに引っ越してきたレヴィを何かと構う。レヴィの出演して...
レヴィの五つ年上の兄。不潔恐怖症を患い、入院している。レヴィにも接触できないが、看護師のドーラだけは平気。心優しく、感受性の高い人物。
大柄な女性の看護師。不潔恐怖症で入院しているショーンの担当をしており、彼が外出するときは付き添いをすることも。レヴィに慕われている。
17歳の日本人青年。バレエダンサー。レヴィとは同じバレエ団に在籍しており、友人同士。明るい性格だが、時に本質をついたことを言うしっかり者。レヴィを介して出会ったミリーが好みのタイプであるらしく、アプロ...
大柄で強面な整体師の青年。レヴィの友人で、不安定な彼を何かと心配している。ジムで鍛えており、かなりの筋肉質な体格。