拳児

中国拳法の八極拳を学ぶ剛拳児が、中国に渡ったまま消息を断った祖父・剛侠太郎を追って中国へと渡航。剛侠太郎の足跡をたどりながらさまざまな武術家と交流、激突を繰り返して、心と身体を成長させていく。物語自体は20巻で完結。最終巻の21巻は『拳児外伝』として、神槍と崇められた武術家・李書文を中心とした物語9話が収録されている。原作は中国武術研究家の松田隆智。

  • 拳児
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
拳児
作画
原作
ジャンル
中国武術、拳法
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館) / 少年サンデーコミックス ワイド版(小学館) / 小学館文庫(小学館)

総合スレッド

拳児(漫画)の総合スレッド
2016.02.25 22:58

新着関連スレッド

剛 侠太郎(拳児)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
李 書文(拳児)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

地味と言わせない!中国拳法漫画まとめ!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
≪心・技・体≫を極める拳法の達人たち
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
あなたはどこに入門する?~格闘・拳法の流派~
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
ちょいシブ!硬派系のバトル漫画総ざらい集
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

新着関連ガイドもっとみる

概要

やんちゃ盛りの小学生・剛拳児は、祖父の剛侠太郎から中国拳法の八極拳を学んでいた。ある日、剛侠太郎は日中戦争時代に恩を受けたかつての知人を訪ねるため、単身中国に渡航する。それから時が流れ、剛拳児は強さの中に礼儀正しさも併せ持つ中学生に成長した。だが、暴走族との抗争に巻き込まれたことが問題になり、不良高校へと進学。

高校生になっても剛拳児の中国拳法への情熱は衰えることなく、横浜在住の八極拳の達人・張仁忠に師事。そこで宿命のライバルとなるトニー・譚と出会い抗争に発展。ついには学校にまで乱入してきたトニー・譚に大怪我を追わせ、剛拳児は無期停学の処分を受けてしまう。

だが、この停学期間を利用し、剛拳児は中国に渡ったきり音信不通となった剛侠太郎を探すために中国に渡ることを決意。台湾、香港を経由して中国に足を踏み入れた剛拳児は、祖父の足跡をたどりながら、武術の郷と呼ばれる滄州を訪ね、さまざまな武術家たちと交流。ついには武術の総本山ともいうべき高名な嵩山少林寺へと辿り着く。

着々と剛侠太郎に近づく剛拳児。だが、トニー・譚もまた、剛拳児への復讐を胸に抱き、回教に伝わる秘伝の拳法を求めて中国へと渡っていた。

登場人物・キャラクター

主人公
小学生の頃に祖父・剛侠太郎より習った中国拳法の八極拳に熱中する。一見すると真面目で大人しそうだが、実は負けず嫌いで義侠心に厚く、易者から英雄の相があり、波瀾万丈な人生を歩むと言われていた。剛侠太郎が中...
剛拳児の祖父で、小学生の剛拳児に中国拳法の八極拳を教えた。元気なお調子者だが、夏休みを利用して剛拳児が本格的に八極拳の修行を開始した際には、彼が弱音を吐くほどに厳しい面を見せた。日中戦争に従軍した際に...
剛拳児の小学校、中学校時代の同級生。高校は剛拳児と別れ付属高校へ進学する。肥満児で小学生の頃はいじめられっ子だったが、剛侠太郎から形意拳の崩拳を習い、立ち向かう勇気を身につけた。
テキ屋を営む関東大和屋一家の元締の娘。小学生の頃、花見の出店の番をしていた時に剛拳児と出会い、そのときに見せた彼の勇敢さに惹かれて仲良くなる。中学時代は暴走族に所属していたが、剛拳児との再会を機に違う...
いかつい顔をした巨漢で、暴走族・鉄羅漢のリーダー。中学生の剛拳児と1対1の勝負をして敗北し、男らしくその実力を認めた。敵対グループとの抗争を機にチームを解散した。張仁忠の中華料理店でコック見習いとして...
横浜を拠点とする愚連隊・黒影会(ブラックシャドー)のリーダー。中国拳法の洪家拳の達人で、紐の先に鉄球を付けた流星錘という武器を操る。ベトナム出身の華僑であり、戦争によって家族と離れ離れになり孤独に生き...
実践空手の一派・松濤館流の師範。親交のある剛侠太郎を通じて、小学生時代の剛拳児と知り合う。さまざまな武道に精通しており、成長して高校生になった剛拳児に相撲やボクシングの技、古武道の体捌きなどを教え、大...
横浜中華街で中華料理店を経営する中国人で、中国拳法の八極拳の達人。見習いコックの井上が縁となり、剛拳児を弟子に迎え、本格的に八極拳を教える。中国全土に網を張る結社ユニオンの一員であり、剛拳児が祖父の剛...
剛拳児が台湾に渡った時に出会ったサングラス姿の物静かな老人。神槍と名高い八極拳士・李書文の最後の弟子であり、太平洋戦争下では軍に所属し、黄河1号というコードネームの地下工作員として暗躍していた過去を持...
剛拳児が台湾滞在時に出会った中国拳法の八極拳、および蟷螂拳の達人。劉月侠の弟子で、道場で大学生たちに蟷螂拳を教えていた。低身長で長髪に口髭。常にニヤけた表情で軽口を叩くという怪しい雰囲気を醸し出す。剛...
九龍城を根城とする有力者で、閻魔大王のあだ名で呼ばれる暗器術の達人。中国全土に網を張る結社・ユニオンの幹部でもある。香港滞在時の剛拳児の世話をし、中国での生活および剛侠太郎探しの力になれるようユニオン...
剛拳児が滄州の村で出会った太った少年。剛侠太郎の恩人の孫であり、剛拳児のことを哥哥(コーコー:お兄ちゃん)と呼んで慕う。体当たりを得意とする拳法家に父親を殺害されており、仇を討つために八極拳を習ってい...
19世紀末に実在した拳法家で、作中では剛侠太郎が語る逸話や、弟子である劉月侠の昔話の中で登場する。八極拳の達人で槍術を得意とし、神槍のあだ名で呼ばれた。

その他キーワード

『拳児』に登場する実在する中国拳法。主に拳による突き、肘打ちや体当たりによる突進を用いて敵を攻撃。大地に根をはるような重心を低くした構えから、一気に力を介抱するように直線的な技を繰り出し、爆発的な威力...