於ね

於ね

イシュタルの娘~小野於通伝~(漫画)の登場人物。読みは「おね」。別称、北の方。

登場作品
イシュタルの娘~小野於通伝~(漫画)
正式名称
於ね
ふりがな
おね
別称
北の方
別称
北政所
関連商品
Amazon 楽天

概要

羽柴秀吉の正室。周囲からの信頼が厚い。岐阜城下で少女時代の於通と出会っており、於通は明るくて力強い女性であると感じた。のちに於通と再会した於ねは於通の才に感心し、自身の祐筆(代筆)等を任せるため、於通を大坂城に招く。

歴史上の実在の人物、高台院がモデル。

登場作品

イシュタルの娘~小野於通伝~

16世紀、戦国時代の日本。人には見えないものが見える天眼という能力を持つ武家の娘・小野於通は、織田信長の背後に黒い龍を見、近衛信基とは運命の出会いをする。その後、於通は、公家・九条稙通の保護の下で高い... 関連ページ:イシュタルの娘~小野於通伝~

SHARE
EC
Amazon
logo