早苗 八島

花右京メイド隊(漫画)の登場人物。読みは「さなえ やしま」。

  • 早苗 八島
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花右京メイド隊(漫画)
正式名称
早苗 八島
ふりがな
さなえ やしま

総合スレッド

早苗 八島(花右京メイド隊)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

花右京家のメイドで、警備部の一員。剣コノヱの補佐役を務める実力者だったが、失敗の責任を取らされる形で花右京太郎付きメイドへ転属される。コノヱへの憧れが強く、自室はコノヱのグッズであふれている。

登場人物・キャラクター

15歳の少年で、母の死により祖父花右京北斎のもとへ行くことになるが、北斎から家督を譲られ、突然に花右京家の当主となる。質素な生活を好むが、用が無くなり解雇されるメイドの事を思い、過剰な奉仕を受け続ける...
花右京家のメイドで、警備部の責任者。剣をはじめ武術の達人であり、花右京太郎の警護という職務には厳格。当初は軟弱な太郎に苛立つことが多かったが、次第に認識を改め、好意を抱くようになる。

関連キーワード

『花右京メイド隊』の舞台となる屋敷。花右京太郎が祖父の北斎より譲られた、東京の山奥に建つ豪邸で、敷地は太郎が遭難の危険を感じるほど広い。

登場作品

花右京太郎は、母の死により祖父を頼って上京するが、突然家督を譲られ大財閥の主になる。そして数えきれないほどのメイド達が働く豪邸で暮らすことになった。花右京家の豪邸に伝わる奇妙な風習や、屋敷に秘められた...