春の呪い

最愛の妹である立花春を失った立花夏美は、妹の婚約者だった柊冬吾と付き合い始めた。春への後ろめたさ、そしてそれぞれの家庭の事情などが絡み合い、重みを増していく人間関係を描くラブストーリー。小西明日翔がWEB上で発表していた未完の小説を元とした作品で、小西明日翔のデビュー作でもある。このマンガがすごい!2017オンナ編で2位を受賞している。

正式名称
春の呪い
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
ZERO-SUM COMICS(一迅社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

立花夏美は、まだ19歳の妹・立花春を病により亡くした。春は、両親の離婚や父親の再婚などを経た夏美にとって、唯一本当の家族と感じられる存在であった。そんな最愛の妹を亡くし、絶望する夏美の前に春の婚約者だった柊冬吾が現れる。冬吾は財閥・相馬グループの分家で柊家の三男だった。夏美の立花家は相馬家の女系子孫にあたるため、春と冬吾は冬吾の母親の思惑により婚約させられる事になっていたのである。しかし春が亡くなったため、代わって姉の夏美と婚約する事になったと冬吾は説明する。他人が決めた婚約とはいえ、春は眉目秀麗な冬吾に惹かれており、二人の付き合いは順調だった。夏美はそんな事情を知りつつも、冬吾からの付き合いの申し出を条件付きで承諾する。その条件とは、冬吾が春といっしょに過ごした場所に、自分を連れていくというものだった。夏美は春を愛していたからこそ、冬吾と過ごした春の姿を追おうと決意したのである。こうして条件付きの交際が始まったが、その中で夏美は、冬吾が春ではなくもともと自分を思っていた事に気づいていく。だがこの交際は、もともと提示されていた条件により、夏美が冬吾と春の軌跡をたどり終えた時点で、終了する事が定められているものでもあった。

第2巻

柊冬吾との付き合いを終えた立花夏美は、偶然にも妹・立花春が生前使っていたSNSを見つける。そのSNSで、夏美は春の本音を知る。実は春が、大人な夏美にあこがれていた事。冬吾が夏美のほうに思いを寄せているのに気づいていた事。そして、姉と冬吾が付き合ったほうが、自分よりもうまくいくのではないかと思っていた事。姉に対する嫉妬と羨望の感情から、春は、もし夏美か冬吾どちらかを道連れにするなら、夏美を選ぶとSNSに書いていた。冬吾には生きていてほしいと思っていたのである。夏美は春を最も愛していたが、春が最も愛していたのは冬吾だった。亡き妹が自分より冬吾を選んでいた事で大きなショックを受けた夏美は、身の回りの整理を始め、アルバイトも辞めて、家を出る事を決意する。一方、冬吾は母親から新しい見合い相手を紹介されていた。再従妹にあたる見合い相手の女性は典型的なお嬢様で、冬吾は嫌々デートをする事となる。その最中、冬吾は若い女性が踏切で飛び込み自殺をしたという話を聞く。まさか夏美ではないかと不安を感じた冬吾は見合い相手を置いて事故現場に駆けつけるが、事故に遭ったのは別の女性だった。冬吾はほっと胸をなでおろすが、その際に人混みに押されて車道に飛び出し、車と接触してしまう。冬吾が事故に遭った事を弟と母親から聞いた夏美は、今の自分が冬吾を心配できる立場にあるのか迷いながらも、しらみつぶしに病院をあたって彼を探し出す。冬吾は軽傷で済み、検査入院していただけであった。泣きながら安堵する夏美は、そこでようやく、冬吾に対して好きだと自分の気持ちを吐露する。一方の冬吾もまた、夏美の事が好きだと返すのだった。その翌日、冬吾は退院する事となる。そして、あらためて付き合い始めた夏美と冬吾は、自分達を縛っているそれぞれの家庭環境にきっちり決着をつける事を決意する。

登場人物・キャラクター

立花 夏美

立花家の長女。陽気な人柄で行動力がある。妹の立花春を何よりも大切にしており、春のために行動する事が多い。春が入院した時には、少しでも役に立てるよう短大の栄養科に通い、栄養士の資格を取得。資格を活かして病院に勤務していた。しかし春の死後は、逆に春を思い出して辛くなるため病院勤務を辞めて、飲食店でアルバイトをしている。 活発な性格のため、飲食店では正社員なみの働きぶりを発揮。食い意地が張っており、柊冬吾と付き合った際には、いちいち食べたものをメールで写真付きで報告している。移動は折りたたみの小さい自転車がメインで、冬吾とのデートでも、自転車を担いだまま電車に乗ろうとした事がある。

柊 冬吾

財閥・相馬グループの分家である柊家の三男。寡黙でまじめな性格だが、まじめすぎるあまりやや天然なところがある。ファストフードを食べた事がなかったり、やや普通の人とはかけ離れた上流家庭で育っている。母親の意向で、相馬家の女系子孫にあたる立花家の娘・立花春と婚約関係になる。お見合いという形ではあったが、秀でた容姿から春にはとても好意を寄せられていた。 しかし春との付き合いは形式上であり、実際は陽気だがどこか陰のある立花夏美の事が気になっている。そのため、春の死後に夏美と付き合えるよう母親を説得した。銀行に勤めており、法務二級や宅建など多くの資格を保有する。優秀な人材として、出世レースも順調な位置にはいるが、やりたい事は何もない。 そんな状況の中で、夏美と会う週末だけが楽しみであった。

立花 春

立花家の次女。姉の立花夏美とは真逆でおとなしい性格。その雰囲気が柊冬吾の母親に気に入られ、冬吾の婚約者として付き合いを始める事となる。お見合いという形式に戸惑っていたが、冬吾の容姿や人柄にすぐに惹きつけられ、冬吾と結婚する事を強く望んでいた。しかし交際が始まってから2年後に、病気が発覚して入院。抗がん剤治療を受けていたが、19歳という若さで亡くなった。 亡くなる前に夏美に頼んで、葬儀の棺に冬吾といっしょの写真を入れてもらった。冬吾が夏美に思いを寄せている事にうすうす気づいており、自分よりも大人な夏美を羨ましく思う一面もある。

夏美の母親

夏美の父親の再婚相手で、立花夏美と立花春とは血がつながっていない。財閥・相馬家の女系子孫にあたる立花家の血筋を持つ夫に合わせ、結婚生活はうまくいっている。結婚してから1年後、夏美と春の弟となる立花海斗を出産した。夏美と春に心から信頼されていない事を理解しながらも、母親として責任を持って二人の娘に接する。 夏美のためを思い、彼女が柊冬吾と付き合う事を止めようとしていたが、最終的には夏美の気持ちを尊重し、二人の事を認める。

夏美の父親

財閥・相馬家の女系子孫にあたる立花家の血筋を持つ男性で、立花夏美の父親。夏美と立花春の生みの母親とはお見合い結婚であり、仲が悪く離婚した。生みの母親に似ている夏美の事を嫌っており、春をひいきしてかわいがっていた。

立花 海斗

立花家の長男で、立花夏美と立花春の弟。父親の再婚相手との子供だが、寝坊しそうな夏美を何度も起こしてあげたりと、姉弟なかよく過ごしている。野球が好きで、夏美を誘っていっしょにプレイしていた。塾に通っており、全国模試で50位以内に入るなど成績は優秀。その際にご褒美として父親から野球のグローブをプレゼントしてもらっている。

冬吾の母親

柊冬吾の母親。冬吾を連れて立花家を訪れた際、おとなしい雰囲気の立花春を気に入る一方で、立花夏美の事は快く思っていなかった。この事がきっかけで春を冬吾の見合い相手として定めた。春の死後に冬吾が夏美と付き合う事には猛反対しており、周囲に夏美が無理やり冬吾につきまとっていると吹聴していた。その姿勢は最後まで変わらず、夏美と付き合えば必ず後悔する事になると冬吾に釘を刺している。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo