春日 仁

ゴールデン・デイズ(漫画)の登場人物。読みは「かすが じん」。別称、仁。

  • 春日 仁
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ゴールデン・デイズ(漫画)
正式名称
春日 仁
ふりがな
かすが じん
別称
別称
キング

総合スレッド

春日 仁(ゴールデン・デイズ)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

『ゴールデン・デイズ』に登場するキャラクター。慶光の幼なじみの青年で、春日家の嫡男。タイムスリップしてきた光也慶光と勘違いして、彼に殴りかかった。慶光の見合いを潰そうと考えており、婚約者である妙子の前で、彼の頬にキスをした。母はイタリア人で、自身も瞳が緑色。春日家に引き取られた際、家族や女中たちに冷淡に扱われていたが、親を亡くして引き取られた慶光は、彼を大切にしてくれた。

そのため、彼に強い執着を見せる。慶光たちとの間のあだ名であるキングは、チェスからとったもの。春日家の嫡男であるため、暴漢に襲われることも。亜伊子への態度故に、母親を憎んでいる。藤ノ森学園高等学校在籍。

臍の右側に、慶光と同じほくろがある。光也に無いことに気づき、彼が慶光とは別人であることにショックを受ける。しかしその後、元々慶光にはほくろはなかったと百合子から聞かされる。光也を浅草で襲った男や、東堂を殴って彼に罪を着せようとしたのが、叔父の常保じゃないかと疑っている。光也と共に、つゆこの出身地であり、慶光の両親が死んだ場所である万倉谷温泉へと向かう。

常保百合子たちと共にいるという連絡をもらい、帰宅。常保と対面し、慶光から彼が慶光の両親を殺した真相をしたためた手紙を読んだ。激高したが、常保に向けて銃を撃つが、怒りのままに人を傷つけてはいけないと感じた光也がかばった。

本来の歴史では、そこで常保が怪我をし、その二年後に死亡。も不幸になるはずだった。後にイタリアに渡り、第二次世界大戦では大尉として活躍。

登場作品

幼い頃に誘拐にあい、心に大きなトラウマを抱える男子高校生・相馬光也は、曾祖父・慶光の死と転落事故をきっかけに、大正時代へとタイムスリップしてしまう。光也はそこで、曾祖父の幼なじみである春日仁に、若き日...