木原 敏江

木原 敏江

正式名称
木原 敏江
ふりがな
きはら としえ
別称
木原 としえ
血液型
B
本名
木原 敏江
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の漫画家。女性。1969年「別冊マーガレット」3月号にて『こっち向いてママ!』でデビュー。以後、「週刊マーガレット」にて活躍。1977年には「LaLa」に活躍の場を広げ、『摩利と新吾』の連載を開始。1984年まで続く長期連載となった。1985年には『夢の碑』で第30回小学館漫画賞を受賞。1998年には、日本の古典作品をマンガで描いた『雨月物語』で第1回文化庁メディア芸術祭大賞を受賞した。代表作である『アンジェリク』『夢の碑』『大江山花伝 夢の碑 番外編』『とりかえばや異聞』は宝塚で舞台化されている。2017年には、48年間の画業をまとめた『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』が発売され、同書の刊行を記念して原画展が開催された。

ヒストリー

1948年2月14日

東京都目黒区に生まれる。

1969年

「別冊マーガレット」3月号に『こっち向いてママ!』を掲載。漫画家デビューとなる。

1977年

「LaLa」にて『摩利と新吾』の連載を開始。好評を得て、1984年までの長期連載となる。

1980年

『アンジェリク』が舞台化。月組公演『アンジェリク』-炎の恋の物語-が、宝塚大劇場、東京宝塚劇場で公演される。

1985年

『夢の碑』で、第30回小学館漫画賞(少女向け部門)受賞。

1998年

『雨月物語』で、第1回文化庁メディア芸術祭大賞(マンガ部門)受賞。

2017年10月26日

48年間の画業をまとめた『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』刊行。

2017年11月3日

『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』発売を記念して、東京・銀座スパンアートギャラリーにて原画展を開催。

受賞

1985年

第30回  小学館漫画賞/『夢の碑』  少女向け部門

1998年

第1回  文化庁メディア芸術祭大賞/『雨月物語』  マンガ部門

作品

1977年

摩利と新吾

作者

夢の碑

作者

アンジェリク

作者

天まであがれ!

作者

水晶と天鵞絨

作者

純金の童話

作者

杖と翼

作者

四十七文字

作者

王子さまがいいの!

作者

エメラルドの海賊

作者

ふるふる

作者

夢幻花伝

作者

花の名の姫君

作者

ベルンシュタイン

作者

とりかえばや異聞

作者

作者

千歳の再会

作者

雨月物語

作者

大江山花伝 夢の碑 番外編

作者

大正浪漫探偵譚

作者

渕となりぬ

作者

風恋記

作者

2012年

それは怪奇なセレナーデ

作者

2015年

白妖の娘

作者

SHARE
EC
Amazon
logo