杉本 達也

難波金融伝 ミナミの帝王(漫画)の登場人物。

  • 杉本 達也
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
難波金融伝 ミナミの帝王(漫画)
正式名称
杉本 達也

総合スレッド

杉本 達也(難波金融伝 ミナミの帝王)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

萬田銀次郎の舎弟である闇金従業員。既婚者。元は大阪・ミナミでも一流の靴屋の社長の息子だった。ギャンブルが原因で銀次郎に借金を作るが、父親に縁を切られたために返せなくなってしまい、妻をソープに沈めるか自分の内臓を売るかを選ばされることになってしまう。妻をひどい目にはあわせられないと内臓の方を選んだが、その覚悟を銀次郎に認められ、いったん妻子を離縁して身一つとなった状態で舎弟として働き借金を返すことになる。

兄貴分の坂上竜一銀次郎の金に手を付け半殺しにされた時は命がけでかばうなど、男気を見せることもある。

登場人物・キャラクター

貧乏な家の出身で、大阪・ミナミでチンピラをしていたが、自分の兄貴分がカタギの萬田銀次郎に頭が上がらない様子を見て金の力を思い知り、銀次郎の舎弟として闇金従業員となる。以後、銀次郎の右腕としてその稼業を...
大阪・ミナミでトイチ(利子が10日で1割)の闇金を営んでいる男性で、派手なシャツとスーツ、金縁メガネがトレードマーク。借金を返さない人間に対する取り立ては非常に厳しく、その法律知識や人脈を駆使して何が...

登場作品

大阪・ミナミのチンピラ・坂上竜一はある日、自分の兄貴分がカタギである萬田銀次郎に頭を下げている様子を見る。銀次郎こそ、「ミナミの鬼」と呼ばれ恐れられているトイチ(利子が10日で1割)の闇金であった。金...