李張

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「りちょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
李張
ふりがな
りちょう

総合スレッド

李張(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

五丈国の国主・比紀弾正が旗揚げの際に招聘した軍師で、五丈国の成立に大きく貢献した。現在は引退して相談役といった立場だが、五丈国の重臣たちも逆らえない影響力を持つ。道士としても高名で、易などを用いて未来を予測できるほか、私塾を開いて骸延華玉蘭々らに教えを説いた。

登場人物・キャラクター

五丈四天王のひとりであり、後の大五丈皇帝・骸羅の末弟。兄たちと同じく南蛮の血を引く獣頭人身の男だが、武力一辺倒の兄とは違って知略に優れ、様々な助言を与えて補佐した。しかし、玄偉の幻影に悩まされて正気を...
かつては神聖銀河帝国の左将軍として名声を馳せた男で、麗羅の実父でもある。皇帝の崩御により帝国が瓦解すると、いち早く軍を起こし、その圧倒的なカリスマ性で多くの勇将を味方に引き入れつつ、瞬く間に北天を制圧...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。首都星は武王都。神聖銀河帝国崩壊後に比紀弾正が一代で築き上げた国で、銀河北天のほぼ全域に及ぶ広大な領土を誇る。比紀弾正が没した後は、麗羅を傀儡に立てた骸羅が実権を...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...