村上 大介

村上 大介

少年ケニヤ(アニメ映画)の登場人物。読みは「むらかみ だいすけ」。村上 ワタルとは親族関係にある。

登場作品
少年ケニヤ(アニメ映画)
正式名称
村上 大介
ふりがな
むらかみ だいすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

アフリカ東部イギリス領ケニヤで綿事業を営む日本人男性であり、村上ワタルの父。1941年12月、息子の村上ワタルと共に商用で奥地へ行った際、日本がイギリスに宣戦布告し、その混乱で離れ離れになる。

その後、息子を探していたところをイギリス領ケニヤの一部族であるポロ族に襲われ、奥地にあるナチス・ドイツの秘密研究所の責任者であるフォン・ゲルヒンに助けられる。

関連人物・キャラクター

フォン・ゲルヒン

アフリカ東部イギリス領ケニヤの奥地にあるナチス・ドイツの秘密研究所の責任者であるドイツ軍の将校。任務に忠実で冷酷な性格。第二次世界大戦でイギリスと戦う祖国のために、原子爆弾の製造を科学者のシュタイン博士にさせている。 凶暴な部族ポロ族に襲われていた村上ワタルの父村上大介を偶然助けた。

村上 ワタル

第二次世界大戦直前に、アフリカ東部イギリス領ケニヤに暮らしていた日本人の少年。実業家の父村上大介と奥地に来ていた1941年12月、日本がイギリスへ宣戦布告した際に発生した混乱で一人取り残された。その後... 関連ページ:村上 ワタル

関連キーワード

ナチス・ドイツの秘密研究所

『少年ケニヤ』に登場する施設。アフリカ東部イギリス領ケニヤ奥地のジャングルにある、ナチス・ドイツが設置した、原子爆弾を開発するための秘密研究所。責任者である軍人のフォン・ゲルヒンが、科学者シュタイン博士に原子爆弾を開発させている。

イギリス領ケニヤ

『少年ケニヤ』に登場する地域。第二次世界大戦時、アフリカ東部に実在したイギリスの植民地。日本人も居住しており、村上ワタル達の一家も住んでいた。

登場作品

少年ケニヤ

山川惣次原作の古典的絵物語を、角川映画が劇場用アニメ化。映画監督の大林宣彦を監督に起用し、実験的な演出を試みた作品である。第二次世界大戦下のアフリカを舞台に、野生の中で逞しく生きる少年村上ワタルの冒険... 関連ページ:少年ケニヤ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
村上 ワタル
ゼガ
ダーナ
場所
その他キーワード
logo