桐島 マユ子

センチメントの季節(漫画)の登場人物。読みは「きりしま まゆこ」。

  • 桐島 マユ子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
センチメントの季節(漫画)
正式名称
桐島 マユ子
ふりがな
きりしま まゆこ

総合スレッド

桐島 マユ子(センチメントの季節)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

岩崎ノボルと同級生のB組女子高生。教育に厳しい親の下で、自らをいい子にしていれば人間になれる人形のピノキオのように感じて育つ。親の言いなりの人形よりはロバになった方がマシという反抗心と、カラダを求められてる安心感から援交に走る。

意識的に体と心を切り離すことで、心がキズつかないようにしている。了子と会っている岩崎ノボルをエンコー仲間だと思っている。

登場人物・キャラクター

『センチメントの季節』第8巻2度目の冬の章の主人公で、D組男子高生。何も考えずに生きる方が方がラクと思うフツーの高校生活を送りながら、自分の日常にはリアルがないという欠乏感を抱えている。片思い相手の桐...

登場作品

1990年代の女子高生の性愛を、主に少女から女に変わりつつある10代の主人公たちの目線から淡々と赤裸々に描く。中学生の幼馴染同士のセックスから学生の年の差カップル、女子高生と同級生、教師や漫画家とのセ...